2016年01月21日

アトピー性皮膚炎がやわらぐ

小麦発酵抽出物を配合した保湿クリームの使用で、アトピー性皮膚炎がやわらぐケースもみられています。
軽度から中度のアトピー性皮膚炎の患者さん百名を対象に、2週間、小麦発酵抽出物配合クリームを使用してもらった研究を紹介しましょう。
対象者に、使用前と使用後の皮膚の変化をそれぞれ「A・軽度」「B・中度」「C・それ以上」の3つで自己評価してもらいました。すると、小麦発酵抽出物配合クリームを2週間使用したあとのほうが、明らかに症状の軽くなった人が多かったのです。
また、部位別の症状の改善度をみてみると、指先、肘とその内側、首で良好な結果が得られています(図)。他の21箇所についても、おおよそ改善の傾向にありました。
この他、重症のアトピー性皮膚炎の患者さんを対象にした調査では、小麦発酵抽出物の摂取で80%が改善(著効および有効)。小麦発酵抽出物入りの入浴剤を試したケースでも44%に改善がみられました。


小麦発酵抽出物
マクロファージ活性化に小麦発酵抽出物

posted by ハートマン at 10:35 | 小麦発酵抽出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小麦発酵抽出物の健康効果

小麦発酵抽出物の健康効果を調べるため、私たちは次のような調査を実施しました。
20〜60歳代の男女60名を対象に、2ヵ月にわたって小麦発酵抽出物入りの飲料を毎日飲んでもらいました。飲用量は、個人の好みに応じて1日180ml、350ml、500mlのうちから選択してもらいました。
その結果、肩こり、倦怠感・疲労感、便秘などの慢性症状に改善効果がみられた他、安眠効果(睡眠の質、目覚め、不眠の改善)も確認できました。
摂取量でくらべてみると、1日350ml飲んでいた人たちが最も効果が高く、約2週間で効果を実感する人が多くみられました。





小麦発酵抽出物
マクロファージ活性化に小麦発酵抽出物

posted by ハートマン at 10:35 | 小麦発酵抽出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

食品としての安全性は大丈夫か?

 小麦発酵抽出物は、世界中の人々が日常の食事の中で、昔から口にしてきたものです。したがって、食品としての安全性は歴史的な食経験によって裏付けられています。
 また、私たちの研究グループは、科学的な側面からも小麦発酵抽出物の安全性を確認しています。
 まず、食品としての安全性は、「突然変異」「染色体異常」「単回投与毒性」「反復投与」の4項目について検査機関に依頼して調べていますが、すべての項目で問題のないことが確認できました。
 さらに、化粧品として肌に塗布した場合の安全性についても9回にわたって多方面から調べています。こちらも高い安全性が認められました。

小麦発酵抽出物
マクロファージ活性化に小麦発酵抽出物

posted by ハートマン at 14:38 | 小麦発酵抽出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレス性の胃潰瘍が緩和

 過剰なストレスは、病気に対する抵抗性を大幅に弱めます。
 過度のストレスを受けると、人体の恒常性を司っている3つの機能が同時にバランスを崩すためです。3つの機能とは、免疫系、自律神経系、内分泌系(ホルモン系)です。
 その結果として、感染症にかかりやすくなったり、がんが発生しやすくなったり、心身にさまざまな症状が出現すると考えられます。
 ストレス症状としては胃潰瘍もよく知られていますが、小麦発酵抽出物を使った動物実験では、ストレスによる胃潰瘍をやわらげる効果が確認できています。
 小麦発酵抽出物を日常的に摂取していると、多少のストレスを受けても、免疫系はもとより、自律神経や内分泌系のバランスも崩れにくくなると考えられます。
 ストレスの多い現代人にとって、小麦発酵抽出物は心強い味方です。

小麦発酵抽出物
マクロファージ活性化に小麦発酵抽出物

posted by ハートマン at 14:36 | 小麦発酵抽出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする