2016年01月21日

なぜ治癒効果が高いのか

マヌカハニーがほかのハチミツよりも治癒効果が高いことの要因の第一は、なんといってもMGO(食物メチルグリオキサール)の抗菌作用の強力さです。
ふつうのハチミツでは、体液で希釈されかつ中和されるという条件が整わないと、過酸化水素が発生せずに効果が期待できません。
対してMGOは常時存在しているので、どのような場合でも強力な抗菌作用を発揮できるのです。

マヌカハニー
美肌をつくる蜂蜜の王様マヌカハニー

posted by ハートマン at 10:30 | マヌカハニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪玉菌を減らし善玉菌を増やす

私たちの腸内に棲む細菌の中で体に有益な働きをするのが、いわゆる善玉菌で、その逆が悪玉菌です。
マヌカハニーは、悪玉菌だけを攻撃して減らし、善玉菌は逆に活性化させ、腸内環境を善玉菌優位の状態に改善することが、いろいろな試験で確かめられています。
次頁のグラフはその一例です。
マヌカハニーを単独で摂取しても、マヌカハニーに花粉やローズヒップ、ブラックカラントオイルなどの植物抽出油を併用しても、いずれの場合でも、大腸菌O―157やサルモネラ菌のような病原性細菌は殺菌されました。また、乳酸菌やビフィズス菌などのプロバイオティクスと呼ばれる善玉菌は逆に増殖されることが明らかとなりました。
これまでに、悪玉菌を減らす作用のある、または、善玉菌を増やす作用のある機能性食品は多く知られていますが、双方に有効に働く機能性食品はあまり例がなく、マヌカハニー特有のすばらしい腸内環境の改善作用が示されています。
腸内環境が善玉菌優位になると、便秘や下痢の予防と改善、病原菌の感染防止、発がんリスクの低下、免疫力の向上、ビタミン(B群、Kなど)の合成、アレルギー疾患の予防など、さまざまな健康効果を得られることがわかっています。

マヌカハニー
美肌をつくる蜂蜜の王様マヌカハニー

posted by ハートマン at 10:29 | マヌカハニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

シミやシワ対策に有効

 マヌカハニーには保湿効果があるので、カサカサ肌をしっとりとした潤いのある肌へと改善するのに役立ちます。さらに、栄養補給効果により肌の新陳代謝を活発にするので、シミをできにくくし、かつコラーゲンやエラスチンの産生を高めて肌を修復し、ハリや弾力を甦らせます。
 また、抗酸化作用により活性酸素を消去するため、メラニン色素の生成が抑制されるので、シミの生成も抑制されます。同時に、コラーゲンやエラスチンに対する攻撃も減らすので、弾力を保ちやすくなります。

マヌカハニー
美肌をつくる蜂蜜の王様マヌカハニー

posted by ハートマン at 09:33 | マヌカハニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マヌカハニーがピロリ菌を退治

 ピロリ菌の除菌にはマヌカハニーも有効であることを、モーラン教授がその研究により明らかにしています。十二指腸潰瘍や胃潰瘍などの予防や改善に役立てば、胃がんや十二指腸がんの予防にもつながります。
 マヌカハニーのピロリ菌に対する抗菌作用を調べた、次のような二つの試験があります。
 胃潰瘍を患っている人の胃から得られた五つのピロリ菌分離株を九六時間培養して、寒天平板法による抗菌性試験を行ないました。通常のハチミツでは、ハチミツの濃度が四〇%の水溶液でも抗菌作用はありませんでしたが、マヌカハニーの場合は、それより低い二〇%濃度の水溶液で五つの分離株のうち、三つは増殖が完全に阻止され、残り二つについても抗菌性が示されました。 そこで次に、七つのピロリ菌分離株を用いてマヌカハニーの寒天培地封入による最少阻止濃度の評価を行ないました。その結果、七つの分離株はすべてわずか五%濃度のマヌカハニー存在下、培養七二時間で増殖が完全に阻止され、マヌカハニーのすばらしいピロリ菌に対する抗菌作用が示されました。
 抗生物質を使用するピロリ菌の除去方法の場合、除菌期間中に抗生物質の副作用が出て苦しみ、断念する患者もみられますが、マヌカハニーは食品ですので、そのような副作用はありません。
 また、抗生物質による除菌後、同じ生活習慣であれば、再び、ピロリ菌の侵入する恐れは高いのですが、マヌカハニーを常時、食する習慣によってピロリ菌の侵入を防ぎ、胃潰瘍や胃がんを予防できる効果がこれらの検討によって示唆されました。

マヌカハニー
美肌をつくる蜂蜜の王様マヌカハニー

posted by ハートマン at 09:32 | マヌカハニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする