2017年06月05日

霊芝は動脈硬化を予防する

身体機能の低下の原因は動脈硬化
 「人間は血管とともに老いる」という言葉があります。人間の体は老化と共にどんどん機能が低下していきます。この機能の低下の大きな原因の一つが血管の老化です。血管が老化すると、血液の流れが悪くなり、酸素や栄養の補給が十分に行き渡りません。そのため、老化によって悪くなった細胞の代謝はますます悪くなり、細胞の萎縮や変性を起こします。
 その血管の老化の最終形態が動脈硬化です。動脈硬化はさまざまな疾患を引き起こす元凶です。特に最近問題になっている痴呆の原因の五〇〜七〇%は脳の動脈硬化が原因です。
 また、心臓の動脈硬化は不整脈、心不全の原因になり、心筋梗塞に至れば生命の危険もあります。

コレステロールが動脈硬化を引き起こす
 コレステロールとは、不溶性の脂質です。善玉と悪玉が存在しますが、この悪玉コレステロールが、動脈壁に張り付くことで、動脈硬化の原因になるのです。
 血液中にコレステロールや中性脂肪が異常に増加した状態を高脂血症といいますが、霊芝はこの高脂血症の治療にも効果を現します。

霊芝は高脂血症を防ぐ
 高脂血症の治療には現在ビタミンE、植物ステロール、必須リン脂質などが用いられますが、そのうちステロールはキノコ類に多く含まれる成分です。霊芝にもこのステロールが含まれていることから、霊芝の高脂血症への作用も、ステロールによるものだと考えられています。
 ここで、霊芝の脂肪代謝作用についてのある実験結果を紹介しましょう。
 近畿大学の久保道徳教授の高脂血症ラットを使った実験です。まず、自然発症高血圧のラットをいくつかのグループに分類しました。そのうちの二つのグループについて見てみましょう。
@ コレステロール、天ぷら油等の高脂肪食品を混合した飼料で二〇日間飼育。
A 高脂肪食とともに霊芝を二〇日間連続投与。
 この実験結果は、@のラットは肝臓に脂肪が沈着し、高脂血症になっていました。一方のAのラットは、肝臓の脂肪沈着も少なく、血液中のコレステロールや中性脂肪も減少していたのです。
 このデータから、霊芝には高脂血症を防ぎ、動脈硬化を予防する作用があることがわかります。


ガン・生活習慣病に効く霊芝
ガン・生活習慣病に効く霊芝

posted by ハートマン at 08:24 | 霊芝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

生活習慣病を霊芝で予防

生活習慣病=成人病
 ガン、糖尿病、高血圧、脳卒中、動脈硬化、心臓病など、これまで成人病と呼ばれていた病気が、最近では「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。
 成人病とは、どちらかといえば、年と共にかかりやすくなる病気といった意味合いが強く、対策として集団検診による早期発見、早期治療が中心でした。
 しかし生活習慣病は、原因が食習慣、運動、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が、発症、進行に関与するところから、生活習慣の改善に力点を置いた言葉です。
 これまで成人病は、中年以上の病気と考えられ、そのため若い頃からの予防や対策がおろそかになっていました。
 「生活習慣病」という言葉はそうした点を改め、これらの病気は生活習慣の改善によって防ぐことができるとしたものなのです。

霊芝は生活習慣病を予防する
 霊芝の成分には「生活習慣病」のそれぞれの症状の予防や治療に大きな働きをする成分が含まれています。それぞれの症状に対する霊芝の効果については後述します。それ以外に、霊芝は生活習慣病をはじめとする多くの病気を予防することができるのです。
 霊芝の多糖類は病原体に直接作用するのではなく、病原体に冒されている生体(患者さんの体)に作用して、生体を病気にかかりにくくする働きがあることは先述しました(17頁)。これはガンだけでなく、ほかの生活習慣病に対しても同じなのです。
 生活習慣病は、日常生活の中で起こる、さまざまな要因が積み重なって発病します。ですから、実際はまだ発病していない人にも、病気の要因が体内に蓄積されている危険性があるのです。この状態を「未病」といいますが、霊芝はこの未病の状態を、正常の状態に戻してくれます。これが生活習慣病を予防することになるのです。

ガン・生活習慣病に効く霊芝
ガン・生活習慣病に効く霊芝


posted by ハートマン at 06:01 | 霊芝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

ガンの予防と再発防止

体を「ガンが増えない状態」にする
 ガンの恐ろしさの一つに再発の問題があります。
 現在のところ、再発を防ぐ確実な方法はありません。ですから一度ガンに冒されてしまうと、手術後も、医師から「大丈夫」と言われるまで、不安な毎日が続きます。しかし、再発しにくくする方法はあります。
 体調を整え、ガンに対する抵抗力を付けることによって、ガンの増殖が止まったり、自然退縮のきっかけになることがあります。
 日常生活の中で、このように体を「ガンが増えない状態」にすることができれば、再発の危険性をかなり低くすることができます。

霊芝が再発の危険性を低くする
 霊芝に含まれる多糖類は、体の抵抗力を高めます。抗ガン剤などと一緒に服用することによって、ガンの再発防止に大きな効果が期待できます。
 それは同時に、患者さんの再発の不安解消にもなるのです。


ガン・生活習慣病に効く霊芝
ガン・生活習慣病に効く霊芝


posted by ハートマン at 07:21 | 霊芝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

伝説の時代から人工栽培の時代へ

幻のキノコ@芝
 霊芝の歴史は古く、中国では古代から知られていましたが、自然に生育している数は少なく、入手は極めて困難です。
 そもそも霊芝の胞子自体が発芽しにくい上に、ナラやクヌギなど特定の古木にしか生育しません。野生の霊芝が発見される確率は古木一〇万本に対して二〜三本といわれ、「幻のキノコ」と呼ばれていました。

人工栽培の成功で大量生産
 しかし近年日本と中国、台湾で相次いで人工栽培が実用化されました。そのおかげで、霊芝の大量生産が可能になりました。
 人工栽培の方法は、最初は種菌をおがくずでポット栽培していましたが、現在ではクヌギやクリ、ウメなどの原木を使ったほだ木方法による露地栽培と、ハウス栽培が主流です。
 霊芝の大量生産に伴い、これまでその希少さ故に秘密のベールに包まれていた霊芝の成分や薬効の研究が、大幅に進むことになったのです。

それでもまだ謎だらけ
 たとえ種菌が同じであっても、霊芝の形、色、光沢、味は、原種の産地、系統の違いや温度、光線、湿度、炭酸ガス濃度など、栽培条件の違いによって微妙に変わります。
 一般に色の違いによって、青芝、赤芝、黄芝、白芝、黒芝、紫芝に分けられ、形状の違いによって、鹿角芝、半角芝、雲芝、肉芝のように分けられます。現在人工栽培されているのは、茶色や赤色をした赤芝が多いようです。
 霊芝は色や形状によって、それぞれ主成分も違うといわれますが、まだ詳しいことはわかっていません。



ガン・生活習慣病に効く霊芝
ガン・生活習慣病に効く霊芝


posted by ハートマン at 13:00 | 霊芝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

脳卒中・心筋梗塞の予防に最適

血栓性疾患は致命傷になりかねない
 脳の血管内で血流がとどこおると「血栓」が生じやすくなり、最悪の場合には血管が破裂して脳出血を引き起こしたり血流が遮断されて脳梗塞を引き起こすことになります。
 また、心臓の動脈で同じように血流が悪くなると、心臓が虚血状態となって狭心症を引き起こし、さらに血栓が生じれば心筋梗塞を起こします。
 いずれも一度トラブルを起こすと完治の難しい部位ですから、日ごろから血流の悪化を予防しておくことが大切です。

動脈硬化を抑えて血栓を防ぐ
 霊芝には、血中のコレステロールや中性脂肪の増加、あるいは血小板の過剰な凝集を防ぐ働きがありますから、血流の改善に大いに役立ちます。
 また、霊芝で血中成分を正常な状態にととのえておけば、動脈硬化の進行も最小限に抑制されて、血栓の形成される心配もなくなります。
 脳卒中や心筋梗塞の予防に、霊芝の作用は最適です。


現代の難病に霊芝が効く
現代の難病に霊芝が効く

posted by ハートマン at 07:46 | 霊芝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

アレルギー体質を根本から解消

霊芝なら副作用の心配がない
 アレルギー症状の治療には、一般にステロイド剤が用いられますが、ステロイド剤は即効性こそ高いものの、継続的に使用すると副作用の心配がでてきます。
 体の免疫機構は、じつに微妙なコントロールで機能している部分なので、ステロイド剤のような外用の化学薬品でそのトラブルを解消することは、非常に難しいことなのです。
 その点、霊芝の作用は、生体機能の根本(細胞)に働きかけて、本来の健康体をよみがえらせることで、アレルギー体質を解消させるというものですから、体への負担はまったくありません。
 体外からの侵入物質に対して免疫機能が過敏になりすぎているときにはそれを緩和し、逆に免疫機能が弱って有害物質の侵入が容易になっているときには、免疫機能を高める働きに転じるといった、じつにわたしたちの体の機能を補う方向に働いてくれるのです。
 アレルギー症状に悩みながらも、副作用が心配でステロイド剤の使用を躊躇しているような人は、ぜひ一度霊芝を試してみるとよいでしょう。

霊芝+ステロイド剤で鬼に金棒!
 さらに、わたしたちが行なった実験では、霊芝とステロイド剤をあわせて使用すると、それぞれ単独で投与したときよりも高い効果の得られることも確認できました。
 ステロイド剤で応急的な処置をしながら、霊芝で体質の改善をはかる──まさに鬼に金棒です。ステロイド剤の投与量を最小限に減らす意味でも、霊芝との併用は適しています。



現代の難病に霊芝が効く
現代の難病に霊芝が効く


posted by ハートマン at 09:13 | 霊芝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

血小板の凝集を抑えて「血栓」を防ぐ

血小板の過剰な凝集は危険
 血流を悪くするもうひとつの大きな要因として、血小板の凝集があります。
 血小板は通常、血管壁が裂傷したときに凝集して、出血を止める働きをしています。たとえば、膝をすりむいたときに、放っておいても自然に血が固まって出血が止まるのは、この 血小板凝集=@の働きによります。
 ところが、ときどき必要もないのに血小板が過剰に凝集して、血液に粘りを生み出してしまうことがあり、最悪の場合にはそれが「血栓」をつくって血流を遮断し、脳卒中や心筋梗塞のような生命をあやぶむ症状を引き起こすケースがでてきます。

霊芝が「血栓」の形成を抑える
 わたしの研究室では、血栓症に対する霊芝の有効性を調べるため、人工的に血栓症の状態にしたラットに霊芝を与える実験を行ないました。
 その結果、血栓症ラットの血中の血小板が、霊芝によって減少することが確認でき、さらに霊芝を与えておいたラットでは、血栓をつくりだす毒素を注射した場合でも、血栓の形成が抑えられることもわかりました。
 つまり霊芝には、血液中における血小板の過剰な凝集を抑える効果が期待できるというわけです。

霊芝の薬効を支える二大作用
 最後にもう一度おさらいすると、霊芝の有効性は、主に病血を解消する作用に由来しており、その病血の解消は、
@「血中の中性脂肪とコレステロールの値を低く保つ作用」
A「血小板の過剰凝集を抑制する作用」
 この二つに基づいて効果が発揮されるということです。



現代の難病に霊芝が効く
現代の難病に霊芝が効く

posted by ハートマン at 09:51 | 霊芝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

秦の始皇帝が探し求めた秘薬!?

マンネンタケ科のキノコ
 霊芝は、マンネンタケ科に属するキノコの一種。学名をマンネンタケといい、主にカシ・クヌギといった広葉樹、あるいは針葉樹に寄生して生育します。
 天然産は、北米やヨーロッパ中部、東アジアなど、北半球の温帯地方を中心に分布していますが、霊芝は一年草であり胞子の殻が固くて発芽しにくいため、自生している霊芝を発見することは、偶然にたよる以外、ほとんど不可能に近い状況です。
 したがって、現在市場に出回っている霊芝は、大半が人工栽培でつくられたものです。茶褐色の「赤芝」が一般的ですが、ほかに青芝・黄芝・白芝・黒芝・紫芝があり、また、同じ色の霊芝でも、原産地や栽培条件で発育状態が大きく異なるため、形によってさらに鹿角芝・半角芝・雲芝・肉芝に分類されます。

『日本書紀』にも登場
 古来、霊芝の薬効に注目していた中国では、その希少さゆえに 幻の霊薬=@として珍重し、たとえば宮中で野生の霊芝が発見されたときには「吉祥のしるし」とばかりに祝宴を催して大いに喜び、大赦令のくだることもあったといわれています。
 また、秦の始皇帝が生涯にわたって探し続けた 不老不死の妙薬=@が、じつは霊芝であったとか、唐の玄宗皇帝が楊貴妃に恋焦がれた本当の理由は、妃のふるさとが霊芝の産地であったため──などという逸話も数多く残されています。
 日本では『日本書紀』に 芝草=@の名前で登場するのをはじめ、『続日本紀』『続日本後紀』にも、天皇に霊芝を献上した話や、採集の記録などが残されています。


現代の難病に霊芝が効く
現代の難病に霊芝が効く

posted by ハートマン at 17:34 | 霊芝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする