2017年01月17日

ハチミツを常備し、上手に使おう

生活の知恵を活かそう
 ハチミツは健康食品の王様として、長い間親しまれてきました。私の家では料理や飲料に一日も欠かしたことはありません。
 せき止めに使うというのも、そのひとつ。お湯で薄めたり、牛乳に溶かしたりしてゆっくり飲むことでのどはかなり楽になります。のどが痛むときは、薄めずにスプーン一杯程度をそのままなめます。殺菌効果もあるので、やけどや外傷にもこのハチミツを応用してきました。この場合は、ガーゼなどにハチミツに塗り、それを患部に湿布するようにします。また不眠症や頭痛にもハチミツがきくといわれ、寝る前にスプーン1、2杯をなめるようにします。
 総じて、商品として出回っている健康食品の中で蜂産品ほど多様な使い道や形状のあるものは他に見当りません。ハチミツ、ローヤルゼリー、プロポリスはいずれも食べる、吸入する、塗布するなど、形状も液状やゼリー状、そして固形では医薬品のような錠剤型、カプセル剤型、散剤型、顆粒剤型など、じつに様々です。生活スタイルにあわせて上手に使い分けられます。


ミツバチ生産物は天然のスタミナ源
ミツバチ生産物は天然のスタミナ源



posted by ハートマン at 12:27 | ミツバチ生産物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

ローヤルゼリーの上手な飲み方

暴飲暴食を慎み、公正マークを目安に
 多品目バランスの良い食事、充分な睡眠(休養)と適正な運動を心がけることは健康保持の要諦です。暴飲暴食をセーブしながら健康食品を取り入れるとすばらしい効果が得られる場合が多いようです。
 その場合、ローヤルゼリーは最も頼みになる健康食品の一つといえます。ただその効果には体質的なものに基づく個人差があることに注意を要します。
 ローヤルゼリーには、医薬品扱いのものと健康食品扱いのものがあります。後者の場合にはとくに信頼度の高い良質なものを選ぶことが大切です。価格も高い安い様々ですので選択に苦労しますが、例えば社団法人・全国ローヤルゼリー公正取引協議会の「公正マーク」を目安にするといいでしょう。
 飲む量は、生ローヤルゼリーの場合1日に1〜3グラムくらい、とくに体の不調がある場合は5〜6グラム程度、また重症の場合、たとえば抗ガン剤や放射線治療における副作用緩和などのために10〜13グラム程度飲用して劇的に効果があった例などを経験しています。
 ローヤルゼリーは単味で空腹時にそのまま飲用しますが、最近ミックスゼリー等の名称で、ハチミツを中心に、ローヤルゼリー、花粉、プロポリスを適宜混合した商品が開発され、好評を博しているようです。それぞれの有効成分が絶妙にブレンドされることによって相乗的な効果が期待されるということです。
 ローヤルゼリーは長期間摂取してはじめて効果が現れるのが一般的ですが、個人差も考慮し、摂取しはじめて10日〜14日までに感じられる反応の有無によってその有効性を判断してもよいと思います。


ミツバチ生産物は天然のスタミナ源
ミツバチ生産物は天然のスタミナ源


posted by ハートマン at 11:09 | ミツバチ生産物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

便秘を解消し、きれいなお肌

素肌美人をつくる
 プロポリスは新陳代謝を活発にしますから、病気の予防だけでなく、当然、美容にも効果があります。便秘は美容の敵ですが、頑固な便秘に効果があったとの報告があります。また、頭髪が再生したり、黒くなったなどの報告が寄せられています。
 最近はプロポリス入りの化粧品などが市販されていますが、プロポリスの本当の効果は、体全体の細胞を活性化することにあるのですから、やはり飲むのが一番。
 レモン、オレンジのジュース、牛乳、セロリやニンジンなどとも組み合わせて飲むことで、いきいきした素肌をつくりだす美容飲料にもなることが期待されます。
 飲料のプロポリスを直接肌に塗った場合、人によってはかぶれることがあるので注意が必要ですが、比較的即効的に症状が改善されることがあります。皮膚用に特別につくられたプロポリスもありますが、適性に個人差があり、パッチテストをした上で注意深く使うのがいいでしょう。
 また口内炎や歯肉炎、ノドの痛み、気管支炎、扁桃腺炎などの改善に役立ちます。



ミツバチ生産物は天然のスタミナ源
ミツバチ生産物は天然のスタミナ源

posted by ハートマン at 13:16 | ミツバチ生産物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

ミツバチは健康製造機?

ミツバチは健康製造機?
 ミツバチがつくり出すものには@「ハチミツ」A「ローヤルゼリー」、そして最近注目されているB「プロポリス」がありますが、これだけではありません。人間の健康に役立つものがほかにもあるのです。
 まず、巣の中にハチミツなどといっしょに保存しているC「花粉だんご」です。これはハチパンともいわれ、健康食品として利用されます。
 雄バチのさなぎはD「蜂の子」として、中華料理などに使われます。漢方ではこれを不老長寿の薬にもしているほどです。E「蜂の針」をツボに刺すことによって、肩こりや神経痛の治療に使われます。これは蜂針療法といわれ、日本や中国、東欧諸国で行なわれています。
 さらに、巣をつくるために腹部の体節から分泌する液はF「蜂ロウ」といわれ、西洋ではろうそくの原料に、また最近でも化粧品の原料につかわれています。
 それにG花粉媒介という自然界への大きな貢献を加え、ミツバチが人間社会に贈る8つの蜂産品≠ニ呼んでいます。



ミツバチ生産物は天然のスタミナ源
ミツバチ生産物は天然のスタミナ源



posted by ハートマン at 08:38 | ミツバチ生産物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする