2016年08月01日

サイリウムの正しい摂り方

粉薬のままでは飲まない
 ここで、サイリウムを飲むときの注意をあげておきます。サイリウムの粉末は、決して粉薬を飲むような飲み方では飲まないでください。なぜいけないかというと、サイリウムは水を吸って膨潤する性質があることは前に述べました。この飲み方をすると、胃や小腸で膨潤し粘膜まで剥がして傷をつけてしまうことが知られています。
 サイリウム入りの食品の場合はこのような危険性はほとんどないといえますが、サイリウムの粉末の直接利用の場合は、コップなどで粉末を水で十分に溶かし、膨潤しきってから飲むようにしてください。また、その後でコップ一杯くらいの水を飲むと良いでしょう。サイリウムと同様な性質のものを利用する場合も同じ注意が必要です。



オオバコの食物繊維で“絶好腸”
オオバコの食物繊維で“絶好腸”

posted by ハートマン at 22:00 | オオバコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血中コレステロールを減少させる

動脈硬化の恐怖
 サイリウムの作用として見逃せないのは、コレステロールなどの脂質の吸収を阻害する働きをもっていることです。
 動脈硬化は動脈の内壁にコレステロールなどの脂肪性の物質がくっついて血管を細くしたり、血管を硬化させたりする病気です。血管がこのような状態になると、狭心症や心筋梗塞を誘発することにもなりかねません。
 防衛医大の中村治雄教授は、二八歳から五〇歳までの健康な男性九人のうち五人に、サイリウムを一日六グラムずつ、他の四人には一日匸一グラムずつ経口投与し、五週間観察しました。
 その結果は図2に示すように、血清総コレステロールは一四・四パーセント減少、動脈硬化を促進するといわれる悪玉コレステロールは二五・六パーセント減少、逆に動脈硬化を防ぐ効果があるといわれる善玉コレステロールは二二・一パーセント増加した、と報告しています。

安心して利用できるサイリウム
 これまでの研究によりますと、サイリウムは血清コレステロール低下効果、血糖値改善効果のほか、整腸効果も期待できそうです。セルロースのような不溶性の食物繊維の働きと、ペクチン、グアーガム、グルコマンナンのような水溶性の食物繊維の働きとの両方を兼ね備えた食物繊維ということがいえそうです。
 最近の研究では慢性毒性、催奇形症などの安全性試験や、栄養吸収阻害など前臨床試験において何ら問題がないことがわかっています。さらに臨床試験や臨床検査成績にも異常が認められていないということですから、安心して利用できる生薬であると同時に、有力な食物繊維源ということができます。




オオバコの食物繊維で“絶好腸”
オオバコの食物繊維で“絶好腸”



posted by ハートマン at 21:00 | オオバコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

便を正常にするサイリウム

整腸効果に卓越
 まずサイリウムの分析結果を見てみましょう。表1(17頁)からわかるように、主成分は糖類で約八〇パーセントほど含まれます。しかし、エネルギー源となるでんぷんはほんのわずかで、ほとんどが難消化性の多糖類であり、いわゆる食物繊維と呼ばれるものです。そのうち、ヘミセルロースが主成分ですが、注目されるのは水溶性食物繊維が二三パーセントと多く、ペクチンも五・八パーセントほど含まれていることです。
 サイリウムを水に溶かすと、約三〇倍に膨らみ粘り気のある液状を示します。これは細胞壁の構成に関係のない水溶性の食物繊維や不溶性のヘミセルロースが多いためです。つまり、サイリウムの食物繊維は膨潤性、保湿性が高く、しかも型崩れのしないゲル状を保つのです。そのためサイリウムを摂取しますと、結腸内容物を増量して腸の運動を活発にし、便量を正常化することが期待できそうです。

便の保形性に優れる
 表3〜5はサイリウムの一〇〇ハーセン卜生薬製剤を用いて便秘への効果を調べた、東京歯大市川病院の森雅文氏のデータです。カルボキシメチルセルロースナトリウム(CMC−Na)と比較して、サイリウムは整腸効果のよいことがわかります。カルボキシメチルセルロースナトリウムは水分を吸収し膨潤するものの、保水力が悪くまたゲル化能力が小さいため保形性が悪くカユ状のままであるといわれます。このため、便は下痢状になるということです。
 これに対し、サイリウムは保水性が大きいために保形性が良く、兎糞や硬便が少なく、普通便や有形軟便が多くなっています。



オオバコの食物繊維で“絶好腸”
オオバコの食物繊維で“絶好腸”



posted by ハートマン at 20:00 | オオバコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイリウムのダイエット効果

食物繊維が八〇%もあるサイリウム
 サイリウムは主成分として食物繊維を八〇パーセント含みます。表―に示すようにヘミセルロースが五三、セルロースが三・七のほか、水溶性食物繊維二三、その内ペクチンが五・八などで構成されています。
 一般的に食物繊維そのものは、それをできるだけ利用することがエネルギーの摂取を減らすことになり、ダイエット的な効果を示すことになります。
 しかし、サイリウムに含まれる食物繊維はダイエット効果だけではなく、後述するようなさまざまな作用をもっています。

便量を増し、保水性を高める
 これは海外のデータですが、人間での便量増加作用も確認されています。(表2=18頁)
 サイリウム、セルロース、ペクチン、小麦フスマ、米糠、コーンフスマ、それに無繊維の七通りで実験しています。それによると、一日あたりの湿った状態の便量では、サイリウムが一五四グラムと一番多く、セルロースで一一四グラム、繊維が入っていないと七〇グラム、小麦フスマでは一〇五グラムです。
 今度は乾燥便量で調べたところ、どれもあまり数値が変わりませんでした。したがって、サイリウムは糞便中の水分量を著しく多くすることがわかりました。これは便の保水性を高め便を柔らかくすることになります。
 この結果から、サイリウムは保水性と豊潤性を持つ成分であることがわかります。
 また、内容物の通過時間を調べました。数字が少ない方が通過時間は早いのですが、コーンフスマでは四五時間、何もない場合でも四五時間です。米糠ですと四一時間、小麦フスマは四〇時間と若干早く、それらに比ベサイリウムは三六時間で通過時間はもっとも早いことがわかります。

食物繊維のダイエット効果を実証
 島根医科大学第一内科の大迫文麿助教授の臨床報告では、サイリウムを一回六グラム、一日三回ずつ一ヶ月間飲ませたところ、五人中四人が全く食事制限することなく、少ない人で三キログラム、多い人では六キログラムの体重減少が認められたといいます。
 この理由は、未だ明らかではありませんが、サイリウムが胃の中にはいると約三〇倍に膨張し、満腹感が得られるために、実質的にエネルギーの摂取が少なくなるからではないかと推察されます。


※表省略


オオバコの食物繊維で“絶好腸”
オオバコの食物繊維で“絶好腸”




posted by ハートマン at 18:00 | オオバコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする