2016年07月14日

松葉は養毛剤になる

増加している脱毛の悩み
 脱毛の悩みは、当人にとってはそれこそ毛が脱けるほどの心配事といいます。
最近は女性用カツラが堂々と宣伝されるほどですから、確実に悩む人は増えています。ましてや女性にとって。黒髪は女の龠气脱毛の心配は男性以上の一大事で 若い世代の男女にも脱毛が増えているのは、毎日のシャンプーのしすぎが原因だといわれますが、精神的なストレスとも関係が深いようです。
 年齢を重ねるにつれ、「髪の毛が薄くなるのは当たり前」と、なかば諦めるように納得はするものの、「できれば歯止めをかけたい」と願う気持ちはきっとみな同じはず。

たたいて頭皮を刺激する
 一時期、ブラシで頭をたたく養毛法が流行しました。その方法と同じように、松葉を束ねて頭をたたいてみてください。先のとがった葉が、ちょうどよい具合に頭皮を剌激し、養毛の効果をもたらします。
 また、松葉エキスを飲めば血行がよくなり、ひいては養毛を促進することにつながります。

髪の毛につやがでた
 熊本に住む、ある商店主の話です。高血圧に悩んでいた店主は、友人の勧めで松ヤユと茯苓(漢方薬でサルノコシカケ科の一種)を粉末にして飲むことにしました。
 飲み続けていくうちに、だんだんと血圧も下がり、血行がよくなかったせいか表情もイキイキとしてきたのです。
 そんなある日、床屋に行ったところ主人に「どうしたんですか、前よりも髪につやがありますよ」と驚かれました。血圧を下げようと飲んでいた松葉が、思いがけず髪の毛に効果をもたらしたのです。店主自身もさぞや驚いたことででしょう。



松葉
ガン・老化に勝つ松葉の力







posted by ハートマン at 12:40 | 松葉エキス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳卒中後の障害を完治

後遺症が怖い脳卒中
 脳卒中には、脳出血(脳の血管が破れて出血する)、脳梗塞(脳の血管が詰まる)、クモ膜下出血(動脈にできた瘤が破裂する)などの種類があります。
 ガン、心臓病に次いで脳串中は日本人の死因第3位。この病気が特に恐ろしいのは、たとえ生命が助かっても、しびれやマヒ、言語障害や知能障害といった後遺症の危険が大きいことです。
 脳卒中の後、手足や半身がマヒする病気が俗にいう中風ですが、痴呆症(ボケ)に陥ることもあります。

動脈硬化を防ぐことが一番
 脳卒中の主な原因は、高血圧と動脈硬化。先ほど述べたように、松葉で血管を柔軟に保つことでこれらを予防することができます。
 それだけではありません。松葉は、脳卒中や後遺症の半身マヒをぱじめ、さまざまな障害にも有効ですし、ボケの改善にも効果を発揮します。
 昔から「脳出血で倒れた人に松葉を噛ませておくと言語障害にならず、回復が早い」とか「松葉を毎日噛んでいると中風になりにくい」といわれています。
 しかし一番よいのは、やはり予防すること。脳卒中傾向(高血圧・動脈硬化)の人は、日ごろから積極的に松葉を利用するようにしたいものです。

心筋梗塞にも効く
 脳だけでなく、心臓にも桧葉の効果は現れます。
 心筋梗塞(心臓に栄養を供給している血管が詰まる)で仮死状態になった人に桧葉汁を与えたところ蘇生した、という話があります。
 これほど極端ではないにしても、動脈の健康を維持するパワーを持った松葉は、弱った血管に対しプラスの作用に働くといえます。



松葉
ガン・老化に勝つ松葉の力


posted by ハートマン at 12:38 | 松葉エキス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする