2017年12月18日

見直される木炭

 日本で最古の木炭は、愛知県喜多郡肱川町、鹿の川にある石灰岩の洞窟から発見されたもので、簡単な工程で作られていました。この洞窟は約三〇万年前の遺跡で、北京原人と同じ時代に木炭を燃料にしていた旧原人が住んでいたと推察されます。
 このように歴史の古い木炭ですが、木炭が日本で最も多く使われたのは昭和一五年で、生産量は約二七〇万トンにも達しています。昔は燃料として各家庭で使われた木炭も、近頃は焼鳥屋かうなぎ屋で見かけるくらいです。
 ところが今、「備長炭」が見直され、燃料以外の用途でも使われだしているのです。ウバメガシという硬い木が原料の備長炭は、硬くて多孔質の性質から、部屋の消臭剤や水道水の浄化に、そしてお風呂に入れて浴用剤として使う人が増えています。
 また、備長炭には焼かれた際にミネラルが豊富な灰分が生成しており、これがお湯に溶けだし、温泉のような効果があります。多孔質の備長炭は吸着力があるので、お湯の汚れを除く作用もあります。


アトピー・冷え性の改善に木酢液+お風呂健康法
アトピー・冷え性の改善に木酢液+お風呂健康法


posted by ハートマン at 08:45 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。