2018年01月11日

フレンチ・パラドックスの意味する事(赤ワイン)

世界一のワイン消費国
 世界的に赤ワインが注目を集めるようになったのは、「フレンチ・パラドックス(フランスの逆説)」と呼ばれる疫学的事実との関連からでした。
 フレンチ・パラドックスとは、欧米諸国で高頻度に見られる冠動脈硬化疾患の死亡率と、高い脂肪摂取率(特に動物性脂肪の大量摂取)との間に正の相関が見られているにもかかわらず、フランスにおいては、高脂肪摂取の割に冠動脈硬化疾患の死亡率が低いことを言います。
 確かに、フランスの冠動脈硬化疾患の死亡率は十万人当り男性で九四人、女性は二十人と少ないもの。この数は死亡率第一位の北アイルランドの約四分の一、スコットランドの約七分の一に相当します(十三頁参照)。
 なぜフランスでは冠動脈硬化疾患の死亡率がここまで低いのか。それは十二頁の図表からも想像できように、赤ワインの関与が昔から言われていました。フランス人が愛飲し、世界一の消費量を誇る赤ワインこそが低死亡率の謎をとくカギとして言われていたのです。

ジャパニーズ・パラドックス
 また、フランス同様に虚血性心疾患率の低い国が他ならぬ、わが日本です。これには西欧にくらべ脂肪の摂取率が低いこともありますが、お茶をたくさん飲むからだ、ともされ「ジャパニーズ・パラドックス」と呼ぶこともあります。前述のように、お茶には抗酸化物のカテキン類が豊富に含まれています。



体の酸化を防ぎ血管を若返らせる赤ワイン
体の酸化を防ぎ血管を若返らせる赤ワイン

posted by ハートマン at 10:51 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。