2018年03月12日

糖尿病との闘いに心強い味方(発芽玄米)

糖尿病が起こるしくみ
 高血圧とならんで、いま日本で増えているのが糖尿病です。
 糖尿病は、すい臓で作られるインスリンというホルモンの分泌が減ったり、その働きが鈍ることで発生します。
 インスリンが充分に働かないと、食事でとった糖を体内でうまく利用できなくなって、血液中に糖がどんどん残留し、血糖値が上昇してきます。
 そうした状態が長く続けば、血管はぼろぼろになってさまざまな合併症が引き
起こされてきます。網膜症や腎症、神経障害はその代表で、心臓病や脳卒中も発生しやすくなります。
 高血圧同様、糖尿病を治す特効薬はなく、地道な食事療法で血糖値をコントロールしていくほかないのが現状です。

一ヵ月で血糖値がぐんと下がった!
 糖尿病の食事療法にも、ぜひ取り入れたいのが発芽玄米です。
 例えば、私の知り合いで糖尿病に悩んでいた人が、発芽玄米食をはじめてわずか一ヵ月で、血糖値が一九〇から一二八に、ヘモグロビンA1c値が七・五から七・〇に、それぞれ下がった例があります。
 また、動物実験でも、血糖値が上昇しやすいネズミ(高血圧自然発症ラット)に、ギャバを増やした米胚芽を与えていると、血糖値の上昇が大幅に抑えられることが明らかにされています。

血糖値の安定に有効な物質満載!
 発芽玄米中のギャバは、糖の代謝に働く臓器をのきなみ活性化することで、血糖値を安定に導くと考えられています。
 すなわち、すい臓を活性化してインスリンの分泌を増やしたり、肝臓の働きをよくして糖の分解を促したり、さらには全身の細胞を賦活して糖の利用効率を高める――といった具合です。
 このほか、発芽玄米には、すい臓のインスリン産生を促す亜鉛や、糖の代謝に深く関与しているフェルラ酸も含まれるし、食後の血糖値の急上昇を抑える食物繊維も豊富です。
 さらに、発芽玄米の摂取は、動脈硬化の抑制にも役立つことから、発芽玄米を日常的に食べていると、糖尿病の合併症を防ぐうえでも有効です。

発芽玄米食で病気知らず、ボケ知らず
発芽玄米食で病気知らず、ボケ知らず




posted by ハートマン at 12:43 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。