2018年03月08日

食物繊維の補給源としても最高(発芽玄米)

食物繊維の健康効果
 発芽玄米は、食物繊維の補給源としてもすぐれています。
 食物繊維は、かつて私たちの健康に関係しない、食物中の「カス」のように思われていました。
 しかし近年の研究で、さまざまな健康効果が明らかになり、いまや五大栄養素に次ぐ「第六の栄養素」としておおいに注目されています。
 食物繊維には、水溶性のものと不溶性のものがありますが、まず不溶性のもの
は、大腸でカサを増して腸壁を刺激し、ぜんどう運動を強力に促します。このとき、腸内の有害な物質を吸着して、体外へ一緒に持ち出すことも知られています。
 ですから、不溶性の食物繊維を積極的にとっていると、便秘の解消に役立つとともに、大腸がんの予防にもおおいに有効です。
 また、便通がとどこおると腸内の腐敗(悪玉菌の増殖)を招いて、大腸がん以外にもさまざまな病気を誘発したり、美肌を損ねる原因になります。便通を促す不溶性の食物繊維の摂取は、そうしたことを防ぐうえでも価値があります。
 いっぽう、水溶性の食物繊維は、食事でとった糖や脂肪の吸収をゆるやかにしたり、血液中および肝臓中のコレステロールを減らす効果があります。そのため、糖尿病や動脈硬化、心臓病、胆石、肥満などの予防に役立ちます。

不溶性と水溶性の両方を含む
 発芽玄米は、これら不溶性と水溶性の食物繊維をともに豊富に含んでいます。
 発芽玄米を食べると、すぐに便通がよくなるケースが多いのはこのためで、発芽玄米の健康効果、美肌効果の背景にも、この二種類の食物繊維が大きく寄与しています。
 もともと玄米じたい、食物繊維が豊富な食品ですが、その玄米が発芽すると、食物繊維の含有量が一〇〜一五%も増量するのです。


発芽玄米食で病気知らず、ボケ知らず
発芽玄米食で病気知らず、ボケ知らず


posted by ハートマン at 08:36 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする