2017年10月31日

乳酸菌研究の歴史

パストゥールが発見した乳酸菌
 肉眼では見ることができない細菌(多くは長さが一〇〇〇分の一〜三ミリメートル)は、十七世紀にオランダのレーウェンフック(A.v.Leeuwenhoek)が自ら作った顕微鏡によってはじめて人類の目に触れることになりました。しかし細菌類がどんな働きをしているのかは十九世紀になるまでわかっていませんでした。乳酸菌を発見したのはフランスのパストゥール(L. Pasteur)で、一八五七年、甜菜(砂糖大根)糖のアルコール発酵漕の中で、乳酸を作りながら増える細菌として報告しました。同じ頃、ドイツのコッホ(R. Koch)は結核やコレラの原因が細菌であることを突き止め、目に見えない微生物が人間の世界と切っても切れない関係にあることが明らかになったのです。
 その後いろいろな乳製品から乳酸菌が見つけられ、一八九九年にはフランスのティシエ(H.Tissier)が乳児の便からビフィズス菌を見つけました。

メチニコフの不老長寿説
 乳酸菌と健康の関係が注目されだしたのは、二十世紀初めに、ロシア生まれの細菌学者メチニコフ(E.Metchnikoff)による、ヨーグルトの「不老長寿」説が広まってからです。
メチニコフは、細菌学と免疫学を研究し、細胞が異物を取り込む食細胞現象の発見によってノーベル賞を与えられましたが、人間の老化についても研究しました。その過程で、ブルガリアのある地方では百歳を超える長寿者が多く、彼らはヨーグルトを常に飲んでいることを知りました。そこでメチニコフは、
「腸の中にいる腐敗菌が有害物質を出して人間は老化するが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌(ブルガリア菌)は腐敗菌を追い出すことができ、それによって老化を防ぐことができる」
 と、発表しました。ところがその後、食べたブルガリア菌は胃の中でほとんど死に、腸の中でほとんど増えないことがわかり、一時乳酸菌の研究は下火になりました。
 一九五〇年代以降になると、培養技術が進歩して腸の中に住み着いているほとんどの細菌の純粋培養が可能になりました。そして、これらの腸内細菌の一角を占めている乳酸菌は、人間の健康維持に大切な役割をしていることが改めて認識されるようになったのです。



乳酸菌は腸内の働きもん
乳酸菌は腸内の働きもん




posted by ハートマン at 11:26 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする