2017年03月14日

「肌に塗る」+「食べる」で万全

ヒアルロン酸は消耗しやすい
 体内のヒアルロン酸は、きわめて消耗しやすい物質です。例えば、ヒアルロン酸と同じ細胞外マトリックスの成分であるコラーゲンの半減期(体内にある物質がその半分に消耗するまでの期間)は約半年。これに対して、ヒアルロン酸の半減期は約二週間で、表皮のヒアルロン酸に至っては、わずか一日で半減します。
 それでも、ヒアルロン酸の生合成が盛んな十代までは、放っておいても弾力に富んだみずみずしい素肌が保たれます。
 ところが、年令を重ねるごとに、ヒアルロン酸を体内で作る能力は衰えていきます。若い素肌を保つには、ヒアルロン酸を積極的に補うことが大切です。

ヒアルロン酸の上手な補給法
 皮膚にヒアルロン酸を補うには、ヒアルロン酸入りの化粧品を利用するのも一つの方法です。しかし、肌へ塗布するだけでは、表面を潤すことはできても、肝心の真皮層まで十分なヒアルロン酸が行き届かないと考えられます。
 ヒアルロン酸の効果を確実に、効率よく得るには、ヒアルロン酸を食べて、体の内部から補うのが理想でしょう。
 ちなみに、顔にできた小ジワは、その皮下にヒアルロン酸を注射すると、速効できれいに伸ばすことができます。実際にこうした治療が美容形成外科で行なわれています。ただし、ヒアルロン酸の注射は大変高額であり、代謝が早いため、その効果は二週間で消えてしまいます。
 最近では、ヒアルロン酸をマイクロカプセルに包んで注射する方法もあり、この方法だと効果がかなり長持ちしますが、それでもやはり皮膚の根本から若い素肌を取り戻すには「食べるヒアルロン酸」を利用するのが一番です。




美肌づくりと関節痛の緩和にヒアルロン酸
美肌づくりと関節痛の緩和にヒアルロン酸

posted by ハートマン at 08:57 | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする