2017年04月13日

髪の健康を考え馬油で育毛

ツヤのある髪にする
 いつまでも黒くつやのある髪であってほしいと願うのは“髪は女の命”という女性よりも、ハゲる割合からいって、男性のほうがより切実でしょう?
 パーマなどをかけたり、また、糖分や塩分のとりすぎは髪にツヤをなくしますから、その結果白髪が増えるともいわれています。
 馬油を頭皮につけて、揉みこむようにマッサージすれば、ちょうどいい刺激になりますから、髪の根本から潤わせてツヤのある髪を保つことができます。

マッサージして抜け毛を防ぐ
 白髪、薄毛など髪の悩みは数ありますが、その最大はやはり“抜け毛”でしょう。
「毎朝のブラッシングだけで髪がごっそり抜けてしまった」
「髪を軽く引っ張っただけなのに抜けてしまった」
 など、中年だけでなく、若者にも抜け毛の問題は多いようです。
 食生活の偏りのほかに、毎日のシャンプーやブラッシングのしすぎ、また精神的ストレスも抜け毛の大きな原因になっています。
 抜け毛は、頭皮がつっぱっているうえに毛根がゆるんでいる証拠です。馬油で栄養価と刺激を与え、血行を促進させれば、抜け毛は防止できるのです。
 両手の指先に馬油を少量つけて、指先を一個所に集め、頭皮をゆり動かす感じで指を動かします。このようにして頭全体をマッサージします。決して頭皮をひっかかないよう注意してください。
 マッサージしたあと、馬油はぬったままで構いませんが、どうしても気になるようなら、湯でかるく洗い流していいでしょう。

うぶ毛を育てる
 “風前の灯”とでもいうべき“うぶ毛”。そのまま手をこまねいて抜け落ちるのを待っていてはダメです。
 うぶ毛(やせ細った毛)は栄養不良と血行不全で髪が抜け変わるたびに細っていった結果です。決して毛根細胞から。発育々しなくなったわけではないので、ふたたび元の太い髪になる“可能性”をもっているのです。そのためには、うぶ毛を育てなければいけません。
 それには馬油が適任。馬油自体の栄養素と血行促進効果で、毛根細胞を元気づけましよう。同時に指でマッサージも行ないます。
 うぶ毛はストレスよりも栄養不良が大きな要因ですから、ビタミン、ミネラルなどの微量栄養素も摂取できるように、バランスのとれた食事を心掛けることが大切です。




ぬるだけで驚くほど効く馬油
ぬるだけで驚くほど効く馬油

posted by ハートマン at 08:59 | 馬油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする