2017年04月12日

ビタミンEが油の酸性腐敗を防ぐ

 昔、馬油は油脂の中で腐りやすいという難点を持ってました。腐りやすいとは、酸化しやすいということです。
 最近の馬油は、馬の脂肪を絞って濾過し、さらに臭みをとるために脱臭されており、使いやすいようにクリーム状に加工されているものもあります。中には芳香成分が添加されたものもありますが、基本的に無臭です。また腐敗を防ぎ、日持ちをよくするために、油の酸化を防ぐビタミンEが添加されています。
 ビタミンEは別名“若返りのビタミン”ともいわれており、髪の毛を黒くするのを助けたり、シミを目立だなくしたり、いわゆる“老化防止”の作用があります。
 それだけでなく、血液の循環をよくする働きもあるので、冷えなどの予防になるとも考えられます。
 ビタミンEが添加されたことで、馬油を身近に、いつでも使えるようになったのです。

ぬるだけで驚くほど効く馬油
ぬるだけで驚くほど効く馬油

posted by ハートマン at 10:10 | 馬油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする