2017年06月07日

ペプチドに秘められたパワー

高血圧を防ぐペプチドを含有
 最近の研究では、ハタケシメジに含まれるたんぱく質にも注目が集まっています。
 ハタケシメジのたんぱく質含量は100g中3・1gで、それほど多くありませんが、このたんぱく質の分解物である「ペプチド」のなかに大変有用なパワーをもつものが存在することが明らかになったのです。
 たんぱく質は、アミノ酸と呼ばれる物質が百個以上の単位で鎖状につながった構造をしていますが、それが小さく分解されて数個から十数個単位のアミノ酸鎖になったものをペプチドといいます。
 実は、ハタケシメジを食べたときに得られるペプチドのなかから、高血圧の予防と改善に役立つものが見つかったのです。
 高血圧に対して、ハタケシメジのペプチドがどこまで効果を発揮するかについては、28ページであらためて紹介します。

ハタケシメジで美味しく免疫力アップ
ハタケシメジで美味しく免疫力アップ


posted by ハートマン at 11:19 | ハタケシメジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする