2017年11月30日

備長炭風呂で温泉気分にひたる

アルカリイオンを含む入浴剤
 備長炭にはカルシウムなどのミネラルが多く含まれており、アルカリ性です。したがって、お風呂に入れると、アルカリイオンを含む入浴剤になります。
 特別な備長炭の入れ方、などというものはありません。ポンと、そのまま入れるだけでもいいのですが、袋かネットに包むとなおいいでしょう。
@炭は、太くても細くてもかまいません。A一人槽で一キログラムくらいが目安ですが、二〜三キログラム入れると、湯がとてもまろやかになります。

備長炭温泉風呂≠フ効果
 体がよく温まり、湯冷めせず、肌もスベスベになります。中には「腰痛や肩こりがなおった」「肌がきれいになった」という方もおられます。
 炭は湯垢を分解する働きがあるので、一週間くらいはお湯を取り替えなくても、サラ湯として使えます。湯垢も浴槽につきません。
 一か月に一回くらいきれいに洗い、乾燥させれば、三〜四か月は使用できます。

備長炭の神秘
備長炭の神秘

posted by ハートマン at 07:32 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする