2017年11月21日

「備長炭」人気の秘密は何か

「備長炭使用店」の看板が目に付く
 飲食店街を歩いていると、よく「炭焼き」の看板を見かけます。焼き鳥屋、うなぎ屋、コーヒー店など本格派を自認するところなら、ほとんどが炭火を使って焼いています。
 そのほかステーキ、せんべい……などにも使われています。バーベキューも炭で焼くとおいしさが全然違います。
 炭の中でも、「おいしさを生む日本一の炭」と評判が高いのが備長炭です。東京とか大阪の一流うなぎ蒲焼き店には、ケヤキの分厚い板に毛筆書体で「紀州備長炭使用店」と書かれた看板が掲げられています。
 ひところは、備長炭といえばうなぎ屋専門の燃料≠ニいった感がありましたが、最近はいろいろな料理店で使われています。
 備長炭が高級料理の燃料として好まれるのは、ひとえに燃焼性にすぐれているからです。

おいしい水、温泉効果、消臭作用…
 もちろん燃焼性だけではありません。 そのほかに、備長炭は木炭としてのいろいろな特性を持っています。
 有機物を吸着する作用で、カルキ臭の強い水道水をおいしい水に変えたり、ごはんをふっくらおいしく炊いたり、ペットやトイレ・冷蔵庫などのいやな臭いを消す消臭剤の働きもしてくれます。
 お風呂に入れれば、肌を美しくしたり、淘フを芯から温める「温泉効果」もあります。
 まくらの中に入れると、ぐっすり眠れる安眠まくら≠ノなります。

将来、大きく広がる備長炭の活用
 備長炭を家の床下や壁などに埋炭∞敷炭≠オて、余分な電気をアースし、不要な電磁波の障害をなくし、自然のリラクゼーションをつくりだす試みも進められています。
 炭を粉状にして畑などにまくと、作物の成長を助け、農薬や化学肥料を減らすこともできます。環境にもやさしい備長炭なのです。
 このように、備長炭の効用は数え上げればきりがありません。
 備長炭が見直されればされるほど、その活躍の場は、これからますます大きく広がっていくことでしょう。
 次の章で、備長炭の作用とその活用法をくわしく説明しましょう。

備長炭の神秘
備長炭の神秘


posted by ハートマン at 15:06 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする