2017年11月20日

「備長炭」は樫の木の蒸し焼き?

炭は木材を蒸し焼きにした燃料
 備長炭はウバメガシ(姥目樫)という樫の木を材料に作られる堅い良質の白炭≠フことです。白炭といってもわからない人が多いと思います。まず炭のことから説明しましょう。
 木材を蒸し焼きにすると炭になります。炭とは、「木材を蒸し焼きにしてできる燃料」のことです。木炭とも称されます。 みなさんも経験があると思いますが、薪や木が燃えたあと、黒くなって残ります。これを燠といいます。この燠が木炭のそもそもの始めでした。

炭には「黒炭」と「白炭」がある
 炭は、焼く温度によって黒炭(こくたんとも言う)、白炭(はくたんとも言う)に分けられます。
 黒炭、白炭とも製炭法はほとんど変わりませんが、最後の炭の消し方によって違いが出てきます。
 炭は窯の中で焼かれます。
 窯の中で原木の炭化≠ェ進みます。炭化が終わったところで窯口をふさぎ、窯が冷えてから炭を取り出すと、炭には火がついていないので真っ黒です。真っ黒なので「黒炭」とよばれます。
 一方、炭化が終わったところで窯口を全開して空気を入れると、炭は赤熱化≠オ、黄金色に透き通ります。
 これを窯の外にかき出し、消し粉(水を加えて湿気を持たせた木の灰)をかけて消火冷却します。
 灰をかぶった炭の表面は白いので「白炭」とよばれます。備長炭はこの白炭の代表的なものです。
 なお空気を入れる頃合と、炭をかき出す頃合は、炭焼き職人の長年のカンと経験で判断します。これによって炭の良し悪しが決まるのです。




備長炭の神秘
備長炭の神秘

posted by ハートマン at 09:39 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする