2018年02月15日

赤米の苗を育てる(古代米)

種蒔きの準備
 一般に種蒔きは、寒い地域は早く、暖かいところは遅いのですが、標準的には4月下旬から5月上旬に種を蒔けば良いでしょう。
 まず、種籾の中の不良籾を取り除きます。一般の米の栽培では、塩水選といって、種籾を塩水の中につけて浮くもの、つまり空籾や不良籾を除きます。しかし赤米の場合はふつうの水で充分です。適当な容器に水を入れ、種籾を浸します。かき混ぜても沈まない不良籾だけ取り除きます。
 それから、選別した種籾を1週間ぐらい水に浸します。水は毎日取り替えてください。すると、籾はハト胸状態になり、芽が出かかり、種蒔き可能となります。籾を網の袋に入れておくと水を取り替えやすいので便利です。

種を蒔く
 適当な容器に土(どんな土でもよい)を入れ、充分に水で湿らせます。土の深さは5センチもあれば充分苗は育ちます。種を蒔いて、上から種籾が隠れる程度に乾いた土で覆います。軽く指で押さえて土の中に押し込んでもよいでしょう。鳥に食べられないように、囲いをしておくのもよいでしょう。

苗の生育
 日当りの良いところに置いておくと、一日か二日で芽が出てきます。
 毎日注意して、水を切らさないようにして育てますと、1カ月で、15〜20センチ程度になります。



古代米は日本人を救う
古代米は日本人を救う

posted by ハートマン at 08:31 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする