2017年06月27日

こんな病気や症状にも効果的(ヤマブシタケ)

感染症
 免疫力の低下を抑えるヤマブシタケの効果は、感染症の予防に最適です。
 ヤマブシタケを日常的に食べていると病原菌に対する抵抗力がぐんと増して、かぜやインフルエンザをはじめ、腎炎、肝炎、腸炎、膀胱炎、あるいは院内感染などを防ぐうえで役立ちます。

アレルギー性疾患
 ヤマブシタケは、免疫力の低下を抑える一方で、免疫力が高まりすぎている人に対しては、免疫力を抑える方向に働きます。
 免疫力が低下すると感染症にかかりやすくなりますが、逆に免疫力が高まりすぎると、今度はアトピー性皮膚炎や花粉症、ぜんそくといったアレルギー性疾患を招く要因となります。
 ヤマブシタケはこれらの病気の予防と緩和にも大いに有効です。

胃腸の病気
 中国では、ヤマブシタケ(猴頭)を消化不良や胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などに効く薬膳の素材として盛んに利用しています。
 最近は、ヤマブシタケの抽出エキスを原料にした慢性胃炎の薬も、中国で市販されているようです。

知能の向上
 ヤマブシタケには、脳の神経細胞の成長を促す脳内物質「NGF」の合成を高める力があることは、24ページで紹介しました。
 この働きは、脳の老化や痴呆症の予防に役立つばかりか、こどもの知能の向上にも有効と考えられます。
 中国では受験シーズンになると、ヤマブシタケ入りのドリンク剤が飛ぶように売れるそうです。


がんを抑え、痴呆を防ぐ ヤマブシタケ
がんを抑え、痴呆を防ぐ ヤマブシタケ


posted by ハートマン at 07:59 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする