2017年05月12日

薬効の秘密は「サポニン効果」

バランスよい豊富な栄養成分
 高麗ニンジンは、成長過程で大地に含まれているありったけの栄養分を存分に吸収して育ちます。
 高麗ニンジンを一度栽培すると、その土地は極端にやせてしまい、以後一五年近く
農地としての利用ができないといわれるほどです。
 このことは高麗ニンジンの希少価値を高めている理由にもなっています。それはともかく、大地のあらゆる栄養素を凝縮して一身に取り込むだけあって、高麗ニンジンの含有成分は、じつに素晴らしい内容になっています。
 エネルギー源となる炭水化物(ブドウ糖・麦芽糖・ラムノース・澱粉)をはじめ、生体の構成成分として不可欠なアミノ酸および必須アミノ酸。
 ほかに、ビタミンB1・B2・B12などのビタミン類。そしてナトリウム・マグネシウム・カリウム・カルシウム・鉄・リンといった各種ミネラルの含有も見逃せません。

二五種のサポニンの総合作用
 有効成分の中で、もっとも注目したいのは「サポニン」です。
 サポニンとは、糖とほかの成分が酵素を仲介に結合した物質で、結合の仕方によって異なる作用を発揮します。
 現在、高麗ニンジンの成分中には、二五種のサポニンが見つかっており、以下のような総合作用が確認されています。
@免疫力の低下をもとへもどす。
A血栓症の予防と治療ができる。
B血流を改善する。
C副腎皮質ホルモンの分泌を促す。
D疲労回復を促す。
E脳の中枢の鎮静および興奮作用。
F精神安定作用。
G精子の数を増やす。
Hタンパク質・脂質・核酸の合成を促す。
 高麗ニンジンの有効性の大部分は、このサポニンの働きに由来しているといってよいでしょう。


難病にはやっぱり高麗ニンジン
難病にはやっぱり高麗ニンジン

posted by ハートマン at 09:52 | 高麗人参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする