2017年05月02日

自律神経の働きを整える

女性に多い自律神経失調症
 人間の体の神経のうち、自分の意志とは無関係に絶えず働いている神経を自律神経と言います。自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、多くの場合、互いに拮抗的に働いています。
 たとえば、交感神経が興奮すると心臓の拍動は早くなり、血圧は上昇し、瞳孔が大きく開き、逆に副交感神経が興奮すると拍動は遅くなり、血圧は下がり、瞳孔はくぼんでくるという具合です。
 二つの神経が互いに反対の作用をしてバランスが保たれていますが、どちらか一方が強すぎたり、また一方の機能が低下したりすると、調節が崩れてアンバランスの状態になります。
 これが自律神経失調症です。具体的な症状としては、倦怠感、疲労感、冷え症、不眠、頭痛、耳鳴り、めまい、のぼせ、発汗、冷や汗、肩こり、腰痛、関節痛、食欲不振、下痢、便秘、呼吸困難、せき、不整脈、血圧上昇、頻脈、息切れ、動悸など、実に幅広いものです。
 しかも、この病気は圧倒的に女性に多く見られます。その理由として考えられるのは、女性には男性にない性周期があり、思春期から更年期まで、そのときどきに応じて大きくホルモンが変動し、自律神経がその影響を受けて動揺するからでしょう。

ホルモン分泌などを正常化
 プラセンタは、自律神経を調整して、体が本来持っているリズムを回復してくれます。プラセンタが、どのように自律神経を調整するのかそのメカニズムはまだ詳しく分かっていませんが、全体的に体力がついたり、体調が整うことでも影響があると考えられますし、神経細胞を賦活したり、ホルモン分泌を正常化することなどによって、自律神経が調整されていくものと考えられています。
 たとえば自律神経をつかさどる視床下部は、脳下垂体に刺激を伝達し、ホルモンの分泌を増進させたり減少させたりする働きをしますが、精神的な悩みが強かったりすると、大脳皮質から視床下部に悩みの信号が送られ、ホルモンが正常に分泌されなくなり、自律神経も影響を受け、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、体に変調があらわれるようになります。
 プラセンタは、こうしたホルモン分泌の異常などを正常化して、自律神経によい影響を与えるのではと考えられます。

※表省略


神秘のパワー!プラセンタ
神秘のパワー!プラセンタ

posted by ハートマン at 06:30 | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする