2017年04月27日

血小板の過剰凝集を抑制する

飲むだけでサラサラ血液になる
 グルコサミンの新しい効果として注目されているのは、血小板凝集抑制作用というものです。
 前述のように、ドロドロ血液では、血小板どうしがつながりやすくなって塊を作っています。こうした不必要な塊を作らせないように、血小板どうしが粘着凝集する働きを抑制するのが、血小板凝集抑制作用です。
 順天堂大学・長岡功教授らの研究グループは、マイクロチャネルアレイ法などを用いた実験で、血小板の粘着凝集におよぼすグルコサミンの影響を測定しました。その結果、グルコサミンにより血小板の粘着凝集が抑制され、血流速度が高まりました。
 このことは、ドロドロ血液が、健康によいサラサラ血液に改善されることを示しています。したがって、グルコサミンは、数多くの病気の予防・改善に寄与する可能性が考えられますが、中でも心筋梗塞や脳梗塞などに対する効果への期待が高まっています。

※図省略


膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン
膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン

posted by ハートマン at 11:37 | グルコサミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする