2017年04月06日

万物は「五行」から生成される

中医学などとの併用が基本
 現在、私のクリニックでは東洋医学による治療が8割、西洋医学による治療が2割といったところです。
 東洋医学の内訳は中医学が7割、日本漢方が1割ほどであり、またプラセンタによる治療は全患者さんの6割ほどです。まえがきでも触れたとおり、プラセンタ療法単独の場合よりも、中医学などとの併用のほうがやや多いという状況です。
 当クリニックでは、まず漢方薬を処方し、様子を見ながら鍼灸またはプラセンタ注射を追加するのが基本です。しかし、プラセンタ注射や鍼治療単独の場合もあります。
 本章では、当クリニックにおける、プラセンタ注射のさまざまな治療例をご紹介しますが、健康保険の適用もある肝障害の患者さんのものが現時点ではありません。それについては別の機会に譲ることにします。
 なお、個人情報保護の観点から、各治療例における初診日などの具体的な年月日については、記載することを控えました。また、「現在も治療継続中」などと記載されているものは、その当時の表現で、そのままとしました。

長年の冷え性から解放された
 53歳、女性。他のクリニックから転院してきたケースです。
 成人してから手足末端の冷え、またその後は、肩こりにも悩まされるようになったとのことです。肩こりがひどいのは、趣味でピアノを弾くためもあるようでした。
 そこで、某クリニックにおいて週1〜2回の、プラセンタの皮下注射による治療を開始した結果、2年後に肩こりが治癒し、3年後には冷え性もほぼ消失しました。
 以後も不定期ながら通院していましたが、自宅に近い当クリニックを紹介され、受診に来られたとのことでした。
 現在も治療を継続中であり、同様の状態を維持しています。
 このケースは、プラセンタ注射で良くなる典型的なパターンであるといえるでしょう。2〜3年で当面の症状が改善、安定した後、西洋医学的に精査しても、まったく問題がないという経過をたどるのが普通です。




プラセンタ療法と中医学の調整作用
プラセンタ療法と中医学の調整作用


posted by ハートマン at 14:04 | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする