2018年01月30日

シソの成分の特徴

シソには薬効がある
 もともとシソは中国、ビルマ、ヒマラヤが原産とされています。日本では平安時代以前から栽培されていたようです。昔から民間薬として使われており、魚などの食中毒のときに煎じて飲んだり、生のまま食べていました。
 現在、日本では愛知や和歌山、群馬、静岡、北海道を主に全国で栽培されており、種類も豊富です。代表的なものは紫色をした「赤ジソ」と、緑色した「青ジソ」ですが、ふつうシソといえば、前者を指します。このほか、葉の縮れた「チリメンジソ(花ジソ)」「チリメンアオジソ」、葉の表面は緑色で裏が紫色の「カタメンジソ」などの種類があります。
 ところで、本書で述べている薬効を持っているシソは赤ジソに限らず、チリメンジソ、青ジソ、カタメンジソの全てにあります。

漢方薬として力を発揮
 シソはその昔から漢方薬として力を発揮してきています。葉は蘇葉、実は蘇子といわれ、発汗、解熱、精神安定、咳止め、鎮痛、利尿の効果があるとされていました。このほかにも健胃作用、整腸、食欲増進、貧血、吹き出物の治療薬として使われていたようです。このような薬効から、漢方薬の半夏厚朴湯、参蘇飲などの処方に配合されています。

特有の匂いは精油成分
 シソには独特の強い香りがありますが、香りの強い植物には防腐作用があり、シソも例外ではありません。
 この香りの正体は、ペリルアルデヒドという成分によるもので、魚による中毒によく効きます。もし魚の中毒になったら、シソの乾燥葉を細かく刻んだものを茶サジ一杯ほど熱湯に注いで飲みます。



シソの葉エキスの秘密
シソの葉エキスの秘密


posted by ハートマン at 09:44 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

アレルギーは抗原抗体反応の異常?(シソの葉エキス)

定義の複雑なアレルギー
 シソの葉エキス≠ェアトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー疾患に効果のある理由は、第二章で詳しく説明します。まずは、そもそもアレルギーはどうして起きるのか、そのメカニズムを理解していただきたいと思います。
 一口にアレルギーとよく言いますが、定義は難しいものがあります。あえて一言に記すならば、「人体に侵入した有害要因を拒絶する反応が、必要以上に強い(過敏な)ため、生体に病的影響を及ぼした現象」といったところでしょうか。
 ですから、アレルギーとはその現象全般を指すのであって、拒絶反応の起こる部位で呼称はいろいろ変わります。鼻の粘膜で起こればアレルギー性鼻炎となり、皮膚なら湿疹・アトピー、呼吸器なら喘息・花粉症、同様の体で結膜炎、胃炎、口内炎…等々すべてアレルギーの一種なのです。

抗体の異常産生が原因
 いま述べたアレルギーを起こす有害要因の物質を「抗原」または「アレルゲン」といいます。そして抗原(有害要因)が体内に侵入したら、これを迎えて無害化≠キる機能が人には備わっています。その役割を果たす物質が「抗体」です。抗体は抗原の侵入に際して体内で産生されます。
 ところで、ある抗原に対処する抗体は決まっていて、抗原抗体反応≠ニいいます。
 ふつうなら、抗原に対して抗体は適量産出されます。ところが、アレルギーを起こす人は、抗体の産出量が多すぎて逆効果に。例えるなら、自分の領地内に飛んできたミサイル(抗原)に、迎撃ミサイル(抗体)を発射しすぎて、領地内を破壊してしまうようなものです。
 この抗体を産出しやすい体質は、すなわちアレルギー体質ということができます。
 アレルギー体質の原因ははっきりしませんが、抗体の産出を担う細胞の異常活性や、酵素の異常などが考えられています。



シソの葉エキスの秘密
シソの葉エキスの秘密



posted by ハートマン at 11:47 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

赤ワインは老人の痴呆症予防になる?

ワイン好きはボケない!?
 欧米に多くみられる老人性痴呆症の「アルツハイマー」が赤ワインを飲む人には少ない、という調査報告が一九九七年の春にありました。発表したのはフランスのボルドー大学の神経学者オルゴゴザ博士です。
 博士は、ワインの一大産地であるボルドーのある県と、その隣接の県の六十五歳以上の老人(二二七三人)を対象に、三年間にわたって追跡調査しました。
 すると、日頃から赤ワインを一日三〜四杯飲んでいる人は、まったく飲まない人と比べて、アルツハイマーの発症率が約四分の一にもなっていることがわかりました。また、そのほかの老人性痴呆症についても約五分の一ほどの発症率だったのです。
 オルゴゴザ博士は以前にも追跡調査を(五年間)行なって、同様の結果を報告しています。博士らの研究グループでは、これら痴呆症の発症率の低さには、赤ワイン中の抗酸化物であるポリフェノール類が関係していると推測しています。

赤ワインは神経細胞を再生させる
 1999年1月、『ニューサイエンティスト』というイギリスの科学雑誌に、赤ワイン中に含まれているポリフェノールの中でも、レスベラトロールには、神経細胞を刺激して再生を促す作用のあることを、イタリアのグループが報告しました。ポリフェノールの一成分であるレスベラトロールは、ガン細胞の増殖を抑える作用のあることがすでに報告されていて(後述)、今回は神経細胞に対する作用が明らかになったわけです。
 報告では、一日グラス一杯半程度の量の赤ワインで、神経細胞の再生作用の期待ができるとしています。もしかすると、本当に記憶力の回復やアルツハイマーの予防が可能なのかもしれません。



体の酸化を防ぎ血管を若返らせる赤ワイン
体の酸化を防ぎ血管を若返らせる赤ワイン


posted by ハートマン at 11:31 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

食後の中性脂肪の増加を妨げる(赤ワイン)

食後は中性脂肪が増加する
 経口(食事から)摂取した脂肪は、腸管で吸収された後、リポ蛋白のカイロミクロン(乳状脂粒)となって全身の血液に出現します。ですから、食後はとくに中性脂肪が高まることになります。これを「食後高脂血症」と呼んでいます。
 これまで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を考える時、空腹時(十二時間以上絶食)のデータをもとに考えてきました。しかし私達は一日に三回食事をするわけですから、食後の状態にもっと関心を払う必要が実際にはあるのです。

赤ワインが血中への出現を抑制する
 筆者らが行なったネズミとヒトによる実験では、この食後の中性脂肪の増加が、赤ワインを摂取することで有意に抑えられることがわかりました。
 実験では、ネズミを二群に分けて絶食させた後、一方の群には脂肪だけを与え、もう一方には、脂肪と一緒に赤ワイン(十倍に濃縮したもの)を与えて、一定時間ごとに血中の脂質を測定しました。すると、食後では赤ワイン摂取群の中性脂肪が、約四二%も低くなっていたのです。このことは、ヒトでも同様に食後二時間と四時間で中性脂肪の増加が抑えられる結果が認められました。
 さらに分析すると、食後の中性脂肪の増加を抑制しているのは、カイロミクロンの増加がみられていないことから、赤ワインの何らかの成分の作用によって、腸管での脂肪吸収が抑えられているためであることがわかったのです。
 それがポリフェノールなのか、それ以外の成分なのかは、まだはっきりしていません。しかし、脂肪の吸収抑制と、ポリフェノールの抗酸化作用と考え合わせてみると、赤ワインが動脈硬化予防の一助になる食品であることは間違いないものと考えます。




体の酸化を防ぎ血管を若返らせる赤ワイン
体の酸化を防ぎ血管を若返らせる赤ワイン


posted by ハートマン at 08:39 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

フレンチ・パラドックスの意味する事(赤ワイン)

世界一のワイン消費国
 世界的に赤ワインが注目を集めるようになったのは、「フレンチ・パラドックス(フランスの逆説)」と呼ばれる疫学的事実との関連からでした。
 フレンチ・パラドックスとは、欧米諸国で高頻度に見られる冠動脈硬化疾患の死亡率と、高い脂肪摂取率(特に動物性脂肪の大量摂取)との間に正の相関が見られているにもかかわらず、フランスにおいては、高脂肪摂取の割に冠動脈硬化疾患の死亡率が低いことを言います。
 確かに、フランスの冠動脈硬化疾患の死亡率は十万人当り男性で九四人、女性は二十人と少ないもの。この数は死亡率第一位の北アイルランドの約四分の一、スコットランドの約七分の一に相当します(十三頁参照)。
 なぜフランスでは冠動脈硬化疾患の死亡率がここまで低いのか。それは十二頁の図表からも想像できように、赤ワインの関与が昔から言われていました。フランス人が愛飲し、世界一の消費量を誇る赤ワインこそが低死亡率の謎をとくカギとして言われていたのです。

ジャパニーズ・パラドックス
 また、フランス同様に虚血性心疾患率の低い国が他ならぬ、わが日本です。これには西欧にくらべ脂肪の摂取率が低いこともありますが、お茶をたくさん飲むからだ、ともされ「ジャパニーズ・パラドックス」と呼ぶこともあります。前述のように、お茶には抗酸化物のカテキン類が豊富に含まれています。



体の酸化を防ぎ血管を若返らせる赤ワイン
体の酸化を防ぎ血管を若返らせる赤ワイン

posted by ハートマン at 10:51 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

お茶と赤ワインの渋い関係

多くの種類があるポリフェノール
 近年の赤ワインブームは、バブル期のボジョレ・ヌーヴォー(新酒)争奪戦とは違った趣があります。ステイタスとして購入するのではなく、もっと身近な家庭でも飲む「健康的なお酒」として一般に広がっています。そのブームの推進役となった成分が、赤ワインに特に多く含まれている「ポリフェノール」です。
 ポリフェノールとは、果実や野菜など植物に必ず含まれている成分で、光合成によりつくった糖分の一部が変化したものです。その分子構造によって多くの種類があり、植物によって含んでいる種類と比率はさまざまです。
 たとえば、黒ブドウやブルーベリーなどの果皮の「色素」であるアントシアニンは、ポリフェノールの一種ですが、ブドウが原料の赤ワインの中にはアントシアニンをはじめとして、苦味、渋味成分のカテキン、タンニンなど、数十種類のポリフェノールが含まれています。

お茶の渋みもポリフェノールの一種
 茶の間、の言葉に表されるように、日本人の食生活に欠かせない飲み物が、お茶です。お茶の「渋味」のもとになっている主な成分を「カテキン」といいます。お茶をたくさん飲む人がガンになりにくいのはカテキンが関係している、との報道でご存じの方も多いでしょう。このカテキンもポリフェノールの一種なのです。

含有量は赤ワインが群を抜く
 赤ワインのポリフェノールを測定すると、一〇〇_g中に一五〇〜三〇〇_cのポリフェノールが含まれています。
 ところが、同じワインでも白ワインには十分の一ほどしかポリフェノールが含まれていません。それは、赤と白の原料の違い、つまり、赤ワインはブドウの果皮も種もすべて使用するのに対して、白ワインはブドウの皮と種を取り除いて発酵させるためです。赤ワインの赤色と渋味は、ポリフェノールのなせるわざだったのです。


体の酸化を防ぎ血管を若返らせる赤ワイン
体の酸化を防ぎ血管を若返らせる赤ワイン

posted by ハートマン at 12:08 | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする