2017年04月29日

からだの礎、細胞を活性化する

一つひとつの細胞を正常に
 言うまでもなく、すべての生物は細胞でできています。人間も一個の受精卵から体内で分裂して、生まれたときにはすでに三兆個もの細胞体となり、二〇歳になるころには六〇兆個もの細胞の集合体となります。
 細胞は細胞分裂を繰り返しながらつねに新しい細胞をつくっています。約四カ月で細胞は古い細胞を捨て去り、新しい細胞に生まれ変わります。これを新陳代謝とよびますが、健康体というのは、とりもなおさず細胞分裂が正常に行なわれている体のことです。
 細胞の一つひとつの中心にある細胞核には、遺伝子DNA(デオキシリボ核酸)があり、人間のすべての情報がプログラムされています。つまりDNAは、遺伝子情報、体および生態活動の設計図といえるものです。
 臓器や器官、組織はすべてこの設計図を基につくられ、活動しており、たとえば体に病気などのトラブルが起こったときも、ホメオスターシス(恒常性維持)という機能が働くようになっています。
 このDNAの設計図通りに、すべての作業が順調に働いているときは、健康が維持されているといえるでしょう。ところが、たとえば今、問題になっている強力な紫外線や環境ホルモン、発ガン物質などによってDNAが傷つけられたりすると、細胞の再生ができなくなったり、ときには誤ったタンパク質をつくったりし、これらが病気や老化の原因になるのです。

病気の改善は細胞の蘇生から
 細胞が弱っていれば、いくら栄養をとっても細胞に栄養が十分に行きわたりません。逆にいえば、細胞を活性化させると、細胞が栄養をどんどん吸収するようになります。細胞の賦活は、血管を強く、若く、たくましい弾力性のあるものに生まれ変わらせ、また神経をも正常にしていきます。神経の細胞が蘇生すれば、自律神経がつかさどるホルモン、血液、免疫機能などが改善されて、体をどんどんよい方向に導いていくのです。
 このように細胞の賦活は病気を治したり、老化を予防するうえで大変重要なカギをにぎっているのです。プラセンタには細胞を賦活する働きがあることが分かっています。



神秘のパワー!プラセンタ
神秘のパワー!プラセンタ

posted by ハートマン at 15:53 | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

プラセンタは胎児の命綱

生命誕生のドラマに裏方あり
 私たちの生命は、受精卵から始まります。わずか一個の精子が、排卵された卵子と卵管で出会います。これが受精です。子宮に着床した受精卵は、刻々と成長します。九週目に入ると胎児と呼ばれるようになり、本格的な発育が行なわれます。
 母親の胎内で大事に守られ、育てられてきた生命は二八〇日で重さ三―四sに育ちます。たった一つの受精卵から約三s、五〇pの生命が育つことほど神秘的なことはありません。
 言葉にすると単純な行程のようですが、生命誕生のドラマには想像を絶するような作業があり、そこには万能といってもよいような裏方≠ェ存在します。それがプラセンタ(胎盤)です。
 父親の精子と母親の卵子が合体してできた受精卵は、卵割と呼ばれる細胞分裂を繰り返しながら、子宮に着床します。子宮内膜に着床した受精卵は絨毛として発育し、母体の子宮内壁と結合して「胎盤」を形成します。
 胎盤は妊娠四カ月半ばごろに完成し、厚さ二―三p、直径一五―二〇pになります。このころの胎盤は子宮後壁あるいは前壁のほとんどを占めますが、その後は子宮の増大に比べて相対的に発育が遅く、妊娠末期には子宮内面の四分の一から六分の一くらいの大きさになります。

胎児と母体をつなぐ胎盤
 胎盤はいろいろな働きをします。胎児は胎盤を通じて、母体から栄養分を受け取って成長していくのです。
 胎盤と胎児をつなぐ管が臍帯(へその緒)です。臍帯の中には一本の臍静脈と二本の臍動脈が走り、母体から送られる有用な血液は臍静脈を流れ、胎児からの不要な老廃物を含む血液は臍動脈を流れ、送り出されます。
 さらに胎盤はホルモンを作る働きもしています。黄体ホルモン、卵胞ホルモンを分泌し、妊娠中の排卵や月経周期を抑制して、母体の変化を助けます。
 そのほか無用な物質の侵入から胎児を守る免疫機能の役割も果たしています。
 いずれにしろ、胎児が特別な病気もせず、スクスク育つことができるのは、この胎盤の目に見えない働きによるところが多いのです。胎盤は胎児にとっては、「命綱」のように重要な働きをしていると言っても過言ではありません。



神秘のパワー!プラセンタ
神秘のパワー!プラセンタ

posted by ハートマン at 20:20 | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

血小板の過剰凝集を抑制する

飲むだけでサラサラ血液になる
 グルコサミンの新しい効果として注目されているのは、血小板凝集抑制作用というものです。
 前述のように、ドロドロ血液では、血小板どうしがつながりやすくなって塊を作っています。こうした不必要な塊を作らせないように、血小板どうしが粘着凝集する働きを抑制するのが、血小板凝集抑制作用です。
 順天堂大学・長岡功教授らの研究グループは、マイクロチャネルアレイ法などを用いた実験で、血小板の粘着凝集におよぼすグルコサミンの影響を測定しました。その結果、グルコサミンにより血小板の粘着凝集が抑制され、血流速度が高まりました。
 このことは、ドロドロ血液が、健康によいサラサラ血液に改善されることを示しています。したがって、グルコサミンは、数多くの病気の予防・改善に寄与する可能性が考えられますが、中でも心筋梗塞や脳梗塞などに対する効果への期待が高まっています。

※図省略


膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン
膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン

posted by ハートマン at 11:37 | グルコサミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

皮膚に必要な栄養素とは

皮膚の三層構造
 年齢とともに目立ってくる、顔や首筋などのシワ、たるみは大きな悩みといえます。こうしたシワやたるみを生み出す、私たちの皮膚という組織はかなり複雑な構造をもっており、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」という三層に分けることができます。
 これらの層のそれぞれで構造や役割が異なっているのですが、三層のうち、シワやたるみの形成に深く関わっているのは、真皮の部分です。

タンパク質やグルコサミンが必要
 この真皮は、皮膚組織の中でも中心的ともいえる部分で、その厚さは表皮の十数倍もあります。
 真皮の大部分は水分ですが、その他の主な成分はコラーゲン(膠原線維)、エラスチン(弾力線維)などの線維成分や、ヒアルロン酸を主とするグリコサミノグリカンから成るプロテオグリカンや、線維芽細胞です。
 コラーゲン、エラスチンはともに動物性タンパク質です。また、ヒアルロン酸やプロテオグリカンは、グルコサミンから合成されるので、真皮にとって必要な栄養素は動物性タンパク質やグルコサミンということになります。
 真皮では、コラーゲンが網の目状に規則正しく配列した構造を形づくり、線維芽細胞どうしをしっかりと結びつけています。そして、網の目の結び目にあたる部分を、エラスチンが結合しています。
 また、網の目の透き間の部分は、水分をたくさん含んでゼリー状となった、主にヒアルロン酸とプロテオグリカンから成る基質が満たしています。


膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン
膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン

posted by ハートマン at 09:34 | グルコサミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

関節の機能とグルコサミンの役目

関節の構造
 私たちの体を形づくっている骨格は数多くの骨から成り立っていますが、この骨と骨とを結びつけている部分が関節です。そして、関節部分の骨の先端は、関節軟骨で覆われています。
 また、骨のつなぎ目の部分は、関節包という袋状の膜で包み込まれており、その膜で覆われた透き間の部分を関節腔といいます。関節腔には、滑膜という関節包の内側にある膜から分泌された滑液(関節液)が蓄えられています。

関節軟骨の機能
 関節軟骨の表面は非常に滑らかで、骨どうしの摩擦があまり起きないようになっています。また、粘り気のある滑液を含み、スポンジのように弾力性に富んでいるので、関節への衝撃を吸収する役目もしています。
 関節の曲げ伸ばしには、軟骨に力が加わったり抜けたりしますが、その時には、含まれている滑液が移動することで、その形を自在に変えることになります。それにより、曲げ伸ばしが円滑に行なわれるようになるのです。

グルコサミンが軟骨を修復・再生
 このように、関節において重要な働きをする軟骨ですが、加齢や過度の酷使などにより、すり減ってしまうことがわかっています。
 こうなると、軟骨が本来もつ機能を果たせなくなります。その結果、関節に障害が起き、それが元となり変形性関節症へと進行していくわけです。
 グルコサミンに、このすり減ってしまった軟骨を修復・再生する作用のあることは、すでに述べましたが、実際に私どもの患者さんに使用してみても、かなりの手応えを感じることができます。


膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン
膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン


posted by ハートマン at 10:07 | グルコサミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

軟骨や皮膚に不可欠な物質

生体内で作られる成分
 グルコサミンは、私たち人間や動物の体内で合成されているアミノ糖の一種で、ブドウ糖(グルコース)とアミノ酸(グルタミン)から作られます。
 このグルコサミンによって、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などといったグリコサミノグリカン(ムコ多糖)が体内で生成されます。
 グリコサミノグリカンは、粘り気があることから、俗にネバネバ物質といわれています。
 このネバネバ物質とタンパク質が結合したものをプロテオグリカンといいますが、これは私たちの軟骨や皮膚などを形づくっている、非常に重要な物質です。

年齢とともに合成能力が低下
 グルコサミンは、私たちの体にとって欠かすことのできないものなのですが、年齢を重ねるにしたがって、体内での合成能力が低下してしまうことが知られています。
 低下の度合いが進行し、必要とするだけの量を合成できなくなれば、体内でグルコサミンは不足し、軟骨や皮膚をはじめとして、いろいろなところに悪影響を及ぼすことになります。その代表例が変形性関節症です。
 そこで、その不足分を補い、健康を回復、維持するための補助食品として、グルコサミンサプリメントが研究・開発されているわけです。
 グルコサミンの原料は、エビやカニといった甲殻類の殻です。製造されたグルコサミンは、体内で合成されたものと同様の働きをします。

※図省略



膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン
膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン

posted by ハートマン at 15:36 | グルコサミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

こんな病気に効いたG精神安定

脳細胞を活性化させる
 精神障害の原因はさまざまです。
 たとえば、脳卜中によって脳細胞の一部が破壊された場合や、また、ストレスが昂じた場合にも精神障害は起きます。
 脳及び神経細胞は非常に多量の酸素を消費しますが、スクワレンは、軽い脳卒中による脳の傷害や自律神経失調に対して、酸素供給増加で、細胞の修復や細胞機能の活性化をする作用をもつので、効果が期待できます。
 神経細胞は、一部が破壊されても、バイパスを新たに作り、その機能を保とうとします。スクワレンはこのバイパス作りを手助けするのです。
 ストレスに対する感受性は、体力の有無も大きく影響します。ですから、ストレスに強くなるためには、強靭な体力をもっようにすることが大切です。

〈体験談・リハビリにも大きな効果〉
 六六歳の男性。脳卒中で半身不随に。リハビリを続けたものの、芳しい効果を上げられずにいたところ、リハビリの仲間にすすめられてスクワいンを飲む。半年後に機能の回復がみられた。

深海ザメの酸素効果が癌・現代病を治す
深海ザメの酸素効果が癌・現代病を治す


posted by ハートマン at 10:39 | スクワレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

体質改善に最適

酸性体質はなぜ悪い
「近ごろ疲れやすく顔色も冴えない」
「病気が以前と比べて治りにくく、こじれるようになった」
 こういう人は、体が酸性化していることが考えられます。
 血液や体液が酸性化すると、体が疲れやすくなってしまい、病気にかかる危険性も高くなることは、いまでは常識になっています。では、どうして酸性化すると病気になりやすいのでしょうか。
 その答えはズバリ、酸欠です。
 “酸性”であることは、“酸欠”であることとイコールで結ばれた関係にあるのです。

酸性イコール酸欠
 この、酸性イコール酸欠の関係が、ナゼそうであるのかが、皆さんどうも仲々よく理解できないらしいのですが、電気生理学、物理化学、生化学など色々な根拠から、これが事実であることは裏付けられています。
 病気になると、体が酸性化することは知られていますが、これはすなわち酸欠をおこすことだったわけです。
 もし、スクワレンがこういった酸性化で疲れ切った体に供給されたらどういうことになるでしょうか。
 一ついえることは、体の各臓器、組織、細胞の代謝が著しく活性化されるということです。
 腸についていえば。蠕動運動が活発になり、その他の消化酵素を生産する臓器の働きもよくなってくるので、消化不良が改善され、酸性腐敗便の産出を防いで、総合的に酸欠を解消します。
 今日では、ガンの周辺は強く酸性化していることが知られています。
 もちろん、嫌気性代謝では乳酸が産出されますから、酸性になってあたり前なのですが、ガンは酸素が大嫌いですので、この酸性化した酸欠環境は、ガンにとって棲み心地が良いのです。
 したがって、棲み心地を悪くしてやる(体液を元通りの微アルカリ化する)ことがガン撲滅のための有力な手段であり、スクワレンはこの能力を持っているのです。


深海ザメの酸素効果が癌・現代病を治す
深海ザメの酸素効果が癌・現代病を治す

posted by ハートマン at 11:38 | スクワレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

サメの肝臓に多量に含まれる

謎の生命力の秘密
 サメが他の魚達と異なるひときわ目立つ特徴は、自由に動かすことのできるエラをもたないため、生まれてから死ぬまでたえず泳いでエラに海水を送り込まないと、〈窒息死〉してしまうことです。
 ことに、深海ザメの場合は、生存にとって最も大切な酸素が極めて少ない所に棲んでいるので、どうやって酸素を確保しているのか大変興味があります。
 いったい、彼らはどのようにして生命を維持しているのでしょうか?
 その秘密は肝臓にあります。
 アイザメを例にとると、内臓が体全体の三分の一ほどあり、しかも、内臓の約七割が肝臓で占められています。つまり、内臓のほとんどが肝臓というわけです。さらに、その肝臓にはスクワレンがタップリと含まれていたのです。
 深海の超高圧の酸欠環境下で、何億年間もしぶとく生き抜いてきたミラクルパワーが、このスクワレンにあるということが判ったのです。



深海ザメの酸素効果が癌・現代病を治す
深海ザメの酸素効果が癌・現代病を治す

posted by ハートマン at 15:57 | スクワレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

酸欠は万病心元

健康・生命の鍵を握るのは酸素
 健康でありたい、という願いは万人共通のものです。では、健康であり続けるためにはどうしたらよいのでしょうか。
 私たちの体は何十兆という数の細胞から造られています。そして、その細胞はたえず新陳代謝を行ない、あるいは分裂して新しい細胞を作り出しています。
 したがって、細胞を生み出すための材料と、活動のエネルギーが必要になってきます。
 この役割の一番の鍵をにぎっているのが酸素なのです。

細胞は酸素を欲しがっている
 「三〇秒でいいですから、ちょっと息を止めてくれませんか」
 どうです。苦しいでしょう。わずか三〇秒とはいえ、酸素供給をストップしただけで、人間はこんなにも苦しくなってしまうのです。
 これは、とりもなおさず、人間の体を作っている何十兆もの細胞が酸素を切実に必要としていることを意味しています。
 では、酸素が細胞に充分に供給されないとどうなるでしょうか。
 酸素が少なくなると細胞は弱って元気がなくなってしまうのです。つまり、この酸欠して細胞の働きの弱った部分が病気の部分というわけです。
 いろいろな病気の種類があるのは、酸欠が生じる場所や、酸欠の程度、及び酸欠の発生の仕方(急性、悪急性、慢性)の組合せが異なっているからです。
 かの有名な野口英世博士は、「万病一元論」を発表されています。
 一元とは酸素のことで、すなわち、病気はすべて酸素に関連して起こるという意味ですから、私共の結論と一致することになります。

現代人の周囲は酸欠因に満ちている
 ところが、今日の我々は、食生活の悪化(欧米化)、生活環境の悪化(大気や水の汚染、自然破壊やストレス過多、運動量の減少など)と、いろいろな要因で体内の酸素が足りなくなっているのです。
 そこで、何かと不足しがちな酸素を上手に補ってやる工夫が健康保持・病気予防のため必要とされるのです。



深海ザメの酸素効果が癌・現代病を治す
深海ザメの酸素効果が癌・現代病を治す


posted by ハートマン at 17:08 | スクワレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

カルシウム不足が関わる病気

高血圧
 高血圧の人は、同じ世代の健康な人に比べて明らかにカルシウムの摂取量が少ないことが、アメリカの研究者によって報告されています。特に、働き盛りの年代の男性で、両者の差が顕著だったそうです。

脳卒中、心筋梗塞
 東北地方の農村部と漁村部の四〇才以上の住民を対象にした調査によれば、農村部の高齢者にはカルシウム欠乏の人が多く、脳卒中の発生率も農村部で高かったと報告されています。
 また、カルシウムの豊富な硬水の河川流域の住民は、カルシウムの少ない軟水の河川流域の住民に比べて、心筋梗塞や脳卒中の発生率が低いことが世界各国の調査で明らかにされています。

精神的なイライラ、ストレスの増大
 カルシウムの不足は、精神的なイライラやストレスの増大につながることが知られています。






美容と若返りにコラーゲンとアパタイト
美容と若返りにコラーゲンとアパタイト




posted by ハートマン at 13:05 | コラーゲンとアパタイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

関節痛もコラーゲン不足が引き金に

関節軟骨の主成分はコラーゲン
 骨と骨の連結部分である関節は、骨同士が直接ぶつからないように、軟骨という薄くてやわらかい骨で覆われています。関節に力が加わったとき、この軟骨がクッションとなって衝撃をやわらげる役目をするのです。軟骨本来の弾力性を生み出しているのもコラーゲンです。

関節の痛みはこうして起こる
 軟骨の中のコラーゲン代謝が悪くなると組織が硬くなってちょっとした衝撃でつぶれやすくなります。そしてそのうち骨同士が直接ぶつかりあうようになり、その結果引き起こされてくるのが、膝や肘などの関節痛です。
 また、関節の動きを支える筋肉(筋膜)もコラーゲンの多い部位の一つですから、丈夫な関節を保つにはコラーゲンを積極的に補給して、軟骨と筋膜の両方のコラーゲン代謝を活発に維持することが大切です。
 その他、慢性関節リウマチやぎっくり腰も、コラーゲンの変性が深く関わって発生することが知られています。


美容と若返りにコラーゲンとアパタイト
美容と若返りにコラーゲンとアパタイト


posted by ハートマン at 12:10 | コラーゲンとアパタイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

丈夫な骨を作るのに不可欠

老化架橋の増加が骨粗鬆症を招く
 では、体の部位別にコラーゲンの役割をみてみましょう。まずは骨です。
 骨は、コラーゲンという網目状の線維にカルシウムとリンがくっついた構造をしています。その様子は、よく鉄筋コンクリートに例えて説明されます。つまり、コラーゲンを鉄筋とすると、そのすき間を埋めているコンクリートに相当するのが、カルシウムとリンです。
 ただし、線維状のコラーゲンは、鉄筋のように硬い支柱ではなく、柔軟なしなやかさをもっています。それが骨の強靭さを生み出しているのです。
 ところが、年をとったり活性酸素の影響で骨の中のコラーゲンの新陳代謝が悪くなると、コラーゲン同士の架橋が増えはじめます。そうなると、コラーゲン同士ががっちりと結びついて組織が萎縮し、カルシウムやリンの沈着するすき間がなくなってしまいます。
 カルシウムとリンの失われた骨は、骨組みだけのスカスカの状態になり、その結果引き起こされてくるのが骨粗鬆症です。

コラーゲン補給+適度な運動
 骨を丈夫に保つには、毎日の食事でコラーゲンの材料をどんどん補給して、骨の中のコラーゲン代謝を促す必要があります。そして同時に、適度な運動で体を刺激することも大切です。運動による力の刺激は骨や軟骨のコラーゲン合成を高めます。運動が骨を強くすると言われるのはこのためですが、同じ運動でも、テニスやバレーボールのように瞬発力を必要とするもののほうが効果があります。
 激しい運動が無理な場合は、ダンベルを使って筋肉を刺激したり、少し汗ばむ程度の速歩きなどでも、ある程度の効果が期待できます。



美容と若返りにコラーゲンとアパタイト
美容と若返りにコラーゲンとアパタイト


posted by ハートマン at 08:06 | コラーゲンとアパタイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

体の強靭な弾力を生む原動力

体の老化を促す「老化架橋」とは
 構造たんぱく質としてのコラーゲンは、単に細胞同士をつなげるだけでなく、体の各組織に弾力をもたせる原動力にもなっています。個々のコラーゲン線維が、各組織のなかで互いに橋をかけあい、しっかりと結びつくことで、強靭な弾力性、柔軟性が生み出されていくのです。
 このようにコラーゲン同士が橋をかけあうことを「架橋」と言いますが、架橋の数が増すほど強い線維が作られます。
 ところが、中高年になってコラーゲンの新陳代謝が衰えてくると、古いコラーゲンがなかなか分解されないために、余計な架橋がどんどん作られてしまいます。「老化架橋」と呼ばれるものです。
 老化架橋が増えると、今度はコラーゲン同士の結びつきが強まりすぎて組織が硬化しはじめます。加齢とともに血管が硬くなったり、関節がこわばったり、皮膚の水分が失われてくるのはそのためです。

悪玉酸素も架橋を増やす原因に
 また、加齢以外に、紫外線や排気ガス、ストレスなども、余分な架橋を作り出す原因になります。このとき、余分な架橋を作る直接の引き金になるのは、それらの因子が多量に生み出す活性酸素という悪玉酸素です。
 活性酸素は非常に反応性の高い(他の物質と結合しやすい)酸素で、これが体内に増えるとコラーゲンの新陳代謝が衰えて、余分な架橋がどんどん作られます。そうなると、老化架橋が増えたときと同じように全身の組織が萎縮して硬くなります。つまり、年令に関わらず、体の老化が進んでしまうのです。

コラーゲンは健康維持のキーワード
 コラーゲンの変性は、細胞にも大きなダメージをおよぼします。というのも、細胞の新陳代謝を支えているのがコラーゲンを主成分とする細胞間物質だからです。
 細胞間物質は、血液が運んでくる酸素や栄養素を細胞の中に送り込んだり、あるいは細胞が排泄する老廃物を受け取って処理しながら、細胞の機能維持に寄与しています。したがって、その主成分のコラーゲンが変性しはじめると、細胞の新陳代謝が悪くなって全身にさまざまな障害が起こってきます。特に、コラーゲンの多い骨や軟骨腱、皮膚、血管のダメージは甚大です。
 健康を維持するカギは、細胞外のコラーゲンが握っていると言っても過言ではないのです。



美容と若返りにコラーゲンとアパタイト
美容と若返りにコラーゲンとアパタイト

posted by ハートマン at 09:47 | コラーゲンとアパタイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

髪の健康を考え馬油で育毛

ツヤのある髪にする
 いつまでも黒くつやのある髪であってほしいと願うのは“髪は女の命”という女性よりも、ハゲる割合からいって、男性のほうがより切実でしょう?
 パーマなどをかけたり、また、糖分や塩分のとりすぎは髪にツヤをなくしますから、その結果白髪が増えるともいわれています。
 馬油を頭皮につけて、揉みこむようにマッサージすれば、ちょうどいい刺激になりますから、髪の根本から潤わせてツヤのある髪を保つことができます。

マッサージして抜け毛を防ぐ
 白髪、薄毛など髪の悩みは数ありますが、その最大はやはり“抜け毛”でしょう。
「毎朝のブラッシングだけで髪がごっそり抜けてしまった」
「髪を軽く引っ張っただけなのに抜けてしまった」
 など、中年だけでなく、若者にも抜け毛の問題は多いようです。
 食生活の偏りのほかに、毎日のシャンプーやブラッシングのしすぎ、また精神的ストレスも抜け毛の大きな原因になっています。
 抜け毛は、頭皮がつっぱっているうえに毛根がゆるんでいる証拠です。馬油で栄養価と刺激を与え、血行を促進させれば、抜け毛は防止できるのです。
 両手の指先に馬油を少量つけて、指先を一個所に集め、頭皮をゆり動かす感じで指を動かします。このようにして頭全体をマッサージします。決して頭皮をひっかかないよう注意してください。
 マッサージしたあと、馬油はぬったままで構いませんが、どうしても気になるようなら、湯でかるく洗い流していいでしょう。

うぶ毛を育てる
 “風前の灯”とでもいうべき“うぶ毛”。そのまま手をこまねいて抜け落ちるのを待っていてはダメです。
 うぶ毛(やせ細った毛)は栄養不良と血行不全で髪が抜け変わるたびに細っていった結果です。決して毛根細胞から。発育々しなくなったわけではないので、ふたたび元の太い髪になる“可能性”をもっているのです。そのためには、うぶ毛を育てなければいけません。
 それには馬油が適任。馬油自体の栄養素と血行促進効果で、毛根細胞を元気づけましよう。同時に指でマッサージも行ないます。
 うぶ毛はストレスよりも栄養不良が大きな要因ですから、ビタミン、ミネラルなどの微量栄養素も摂取できるように、バランスのとれた食事を心掛けることが大切です。




ぬるだけで驚くほど効く馬油
ぬるだけで驚くほど効く馬油

posted by ハートマン at 08:59 | 馬油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

ビタミンEが油の酸性腐敗を防ぐ

 昔、馬油は油脂の中で腐りやすいという難点を持ってました。腐りやすいとは、酸化しやすいということです。
 最近の馬油は、馬の脂肪を絞って濾過し、さらに臭みをとるために脱臭されており、使いやすいようにクリーム状に加工されているものもあります。中には芳香成分が添加されたものもありますが、基本的に無臭です。また腐敗を防ぎ、日持ちをよくするために、油の酸化を防ぐビタミンEが添加されています。
 ビタミンEは別名“若返りのビタミン”ともいわれており、髪の毛を黒くするのを助けたり、シミを目立だなくしたり、いわゆる“老化防止”の作用があります。
 それだけでなく、血液の循環をよくする働きもあるので、冷えなどの予防になるとも考えられます。
 ビタミンEが添加されたことで、馬油を身近に、いつでも使えるようになったのです。

ぬるだけで驚くほど効く馬油
ぬるだけで驚くほど効く馬油

posted by ハートマン at 10:10 | 馬油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

湿疹・アトピーには入浴後にぬる

急増するアトピー性皮膚炎
 花粉症に増して罹患者の多いのがアトピー性皮膚炎。これまでは虚弱体質の子供に特異な皮膚炎だと思われていたのが、最近では、ごくごく普通の体質の、しかも二十代、三十代の大人が突然アトピーになるケースもみられます。
 主に考えられる原因には、卵や牛乳など特定の食物や、ハウスダスト(ほこりやダニなど)があります。
 一般的に、アトピーの治療にはステロイド剤など、一時的にかゆみを抑える薬が用いられます。しかし、長期使用すると皮膚の防衛作用を弱めてしまうケースが多く見られ、一筋縄にはいきません。

馬油でかゆみを抑える
 馬油を使用する際には、このような薬の使用を控えてください。馬油だけで十分に効果があるからです。
 まずシャワーを浴びるか入浴して、患部を清潔にします。タオルで水分をよく吸いとってから馬油を薄くのばすようにぬります。くれぐれも力を入れてすりこまず、やさしくぬってください。また、ぬった後はこすらないようにします。
 馬油はその浸透力ですぐにす〜っと染みこみますから、ぬった後に肌着をつけてもべとつき感はありません。
 就寝前にぬると、朝にはかゆみがおさまり、発疹個所のカサカサも小さくなっているでしょう。
 しかし、アトピーは原因が特定しにくく、なかなか完治に時間のかかる皮膚炎です。すぐに効果が現れない場合もありますから、根気強く繰り返すことが大切です。

老人の肌の湿疹
 “肌がかゆい”のは子供だけでなく、老人にも多くみられます。アトピーというほどのものではない老人性の湿疹で、病気ではありません。
 老化にともなう抵抗力の低下は否めないもの。かゆいところに馬油をぬると、す〜っと染みこんで血行を促進して、新陳代謝を活発化し、かゆみもおさまります。



ぬるだけで驚くほど効く馬油
ぬるだけで驚くほど効く馬油

posted by ハートマン at 08:45 | 馬油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

驚異の浸透力で細菌を封じ込める

毛穴の奥まで染みこむ
 馬油を語るうえで特筆すべきは、驚くほどの“浸透力”にあります。塗るとすぐに皮膚の内側にス〜ッと染みこんでいくような感じです。あまりベトついた感触もなく、衣服についてしまう心配もありません。
 その秘密は、馬油の不飽和脂肪酸の割合などが、ほかの動物性油とくらべて、人間の脂肪に近いからです。そのため皮膚にフィットして、毛穴の奥深い隙間まで染みこむことができるのです。

細菌を捕らえて放さない
 きれいに見える皮膚も、よくよく見るとデコボコだらけで、そこには数々の細菌が付着しています。
 傷口の化膿や皮膚の炎症の大部分はその細菌の仕業。ですから傷の早期治療は殺菌・繁殖防止が大切になります。
 その点、馬油は皮膚内に迅速に染みこみ、内部の細菌を吸収してその活動を抑えこんでしまいます。
 また、皮膚の隙間の空気を押し出し、同時に外からの空気も遮断するので、細菌の繁殖を抑えます。つまり表面に巣喰っている細菌を殺し、皮膚の化膿を食い止めるのです。

血液の循環を促す
 馬油には、血液の循環をよくする働きもあります。これは、皮膚の皮下組織まで染みこんだ馬油による刺激と、油膜による保温性が高まるからです。
 そのため、血の巡りの悪さが原因と考えられる症状である肩コリや冷え、リウマチや神経痛、筋肉痛などにも効果があります。




ぬるだけで驚くほど効く馬油
ぬるだけで驚くほど効く馬油


posted by ハートマン at 09:05 | 馬油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

万物は「五行」から生成される

中医学などとの併用が基本
 現在、私のクリニックでは東洋医学による治療が8割、西洋医学による治療が2割といったところです。
 東洋医学の内訳は中医学が7割、日本漢方が1割ほどであり、またプラセンタによる治療は全患者さんの6割ほどです。まえがきでも触れたとおり、プラセンタ療法単独の場合よりも、中医学などとの併用のほうがやや多いという状況です。
 当クリニックでは、まず漢方薬を処方し、様子を見ながら鍼灸またはプラセンタ注射を追加するのが基本です。しかし、プラセンタ注射や鍼治療単独の場合もあります。
 本章では、当クリニックにおける、プラセンタ注射のさまざまな治療例をご紹介しますが、健康保険の適用もある肝障害の患者さんのものが現時点ではありません。それについては別の機会に譲ることにします。
 なお、個人情報保護の観点から、各治療例における初診日などの具体的な年月日については、記載することを控えました。また、「現在も治療継続中」などと記載されているものは、その当時の表現で、そのままとしました。

長年の冷え性から解放された
 53歳、女性。他のクリニックから転院してきたケースです。
 成人してから手足末端の冷え、またその後は、肩こりにも悩まされるようになったとのことです。肩こりがひどいのは、趣味でピアノを弾くためもあるようでした。
 そこで、某クリニックにおいて週1〜2回の、プラセンタの皮下注射による治療を開始した結果、2年後に肩こりが治癒し、3年後には冷え性もほぼ消失しました。
 以後も不定期ながら通院していましたが、自宅に近い当クリニックを紹介され、受診に来られたとのことでした。
 現在も治療を継続中であり、同様の状態を維持しています。
 このケースは、プラセンタ注射で良くなる典型的なパターンであるといえるでしょう。2〜3年で当面の症状が改善、安定した後、西洋医学的に精査しても、まったく問題がないという経過をたどるのが普通です。




プラセンタ療法と中医学の調整作用
プラセンタ療法と中医学の調整作用


posted by ハートマン at 14:04 | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

「陰陽説」は二元論的宇宙観

「陰陽説」と「五行説」が結合
 中医学のもととなる思想は、中国古来の「陰陽五行説」です。本来は別々の思想であった「陰陽説」と「五行説」が結合したものです。
 陰陽説は、すべての事物を性質の相反する「陰」と「陽」に分けて考える二元論的思想であり、一方、五行説はすべての事物を「木・火・土・金・水」の五つに区分します。

陰陽の四原則
 陰陽には、次のような四原則が存在します。
@陰陽可分…どんな事物でも陰と陽の二つに分割できる。その割合によって、陰または陽のどちらに属するのかを判定する。
A陰陽互根…陰と陽は相互依存関係にあり、単独には存在せず、必ず事物には陰と陽がそれぞれ存在し、その相対的結果として陰か陽に属する。
B陰陽制約…陰と陽は相互依存関係にある一方で、陰と陽のどちらかに偏らないように相互に制約し合う。
C陰陽転化…陰と陽はいつまでも陰と陽のままではなく、陰が陽に、陽が陰に転化することがある。
 簡単に陰陽論の輪郭をまとめてみましたが、中医学では、このような四原則をもとに人体内部の現象を把握、検討し、病気を診断して治療に当たります。

陰陽のバランスを整える
 中医学では、陰陽のバランスがくずれると病気になると考えます。プラセンタ療法が効果を発揮するのは、この陰陽のバランスのくずれを調整する作用をもつからでないか、というのが中医学的な見方です。
 これを裏付けるかのように、科学的な実験や臨床研究などにおいて、高いものは抑え、低いものは上げるという、プラセンタの調整作用が確認されています。西洋医学の医薬品のように一方向にのみ作用するのではなく、たとえば血圧の場合なら、血圧が高い人なら下げ、低い人なら上げるというように働くわけです。
 プラセンタのツボ注射でいうと、「虚している場所は補い、実している場所は瀉す」となります。弱っているツボには力を与え、過剰に反応しているツボの機能は抑えるというものです。


プラセンタ療法と中医学の調整作用
プラセンタ療法と中医学の調整作用


posted by ハートマン at 07:16 | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする