2016年01月25日

アスリートにもおすすめ

疲れやすい人にも、高麗人参は効果的に働きます。

ネズミを2群に分け、一方にだけ高麗人参を与えて水中で泳がせたところ、高麗人参を与えたほうが統計的に有意に長く泳いでいたと報告されています。高麗人参の働きで、疲労が抑えられた結果と考えられます。

アスリートや登山家なども、日頃から高麗人参を摂取していると、疲労感の緩和のほか、筋力アップや、心筋機能の向上、さらに肺活量も高めてくれます。また、高麗人参の摂取は気力の向上にもつながります。

古代の漢方では、高麗人参の抗疲労作用は、脾臓の「気」を補う働きによって生み出されると説明されてきました。漢方では、脾臓は消化と吸収を司る臓器とされているため、脾臓の「気」を補って消化・吸収がよくなると、筋肉に十分な栄養が補充され、疲労しにくくなるというわけです。


高麗人参
若さと健康を守る薬用植物の王様 高麗人参

posted by ハートマン at 11:20 | 高麗人参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不整脈の改善にも有効

高麗人参は、心臓の鼓動のリズムが乱れる不整脈に対しても効果を発揮します。不整脈は、心臓のトラブルに起因して起こるほか、健康な人でも過労や寝不足で体調が悪い時に起こることがあります。

漢方では、どのタイプの不整脈にも高麗人参が処方されます。最も有名な処方が「生脈散」です。これは高麗人参と五味子、麦門冬の3つの生薬を組み合わせたもので、その名が示すとおり、脈を生じる薬です。

もう1つ、不整脈には「炙甘草湯」もよく使われます。これは炙った甘草と高麗人参を主成分とした漢方薬です。漢方の古典『傷寒論』にも「脈結代(脈の打ち方がゆっくりで時々止まる状態)、心動悸するは、炙甘草湯これを主る」と記載されています。


高麗人参
若さと健康を守る薬用植物の王様 高麗人参

posted by ハートマン at 11:19 | 高麗人参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免疫力の増強を促す

高麗人参は「元気」を補う働きがあります。元気は、自然治癒力と言い換えることもできますが、その治癒力の担い手の1つが免疫力です。

免疫力というのは、体に備わっている健康を維持する力、病気と闘う力のことです。免疫細胞と呼ばれる兵士たちが、日夜、体の中を巡回し、病原菌などの異物を見つけると、見事なチームプレーですみやかに排除する仕組みになっています。異物の中には、体の中で生じるがん細胞も含まれます。

高麗人参は、免疫細胞(マクロファージなど)の働きを増強する力があります。例えば、風邪を引きやすい人は、免疫力が低下している証拠ですが、そうした人が高麗人参を日常的に摂取していると風邪をひきにくくなります。

また、風邪のひきはじめにも、高麗人参はよく効きます。漢方では、風邪の引き始めに「香蘇散」がよく用いられます。これは香附子(ハマスゲの根茎)と蘇葉(シソの葉)などの生薬を配合した方剤(2種類以上混ぜた漢方)ですが、そこに高麗人参を加える「参蘇飲」という処方があり、体の弱い人の風邪によく用いられるのです。

さらに、高麗人参の免疫増強作用は、各種のがんに対しても大きな効果を発揮することが報告されています(32ページ)。


高麗人参
若さと健康を守る薬用植物の王様 高麗人参

posted by ハートマン at 11:19 | 高麗人参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血液と血管の両方に作用する

高麗人参は「血」そのものをダイレクトに補う作用もあります。西洋医学でいう造血作用です。血液は骨髄で作られますが、高麗人参は骨髄の働きを高めて血液の生成を促す作用があるのです。

また、血液の流れが悪くなる背景には、動脈硬化も関係しています。動脈硬化というのは、血管の内壁にコレステロールなどの血中脂質が沈着し、血管が固くなったり、細くなってしまう状態をいいます。こうなると、古くなった水道管のように、血液が流れにくくなりますが、高麗人参は血液中のコレステロールを減らす作用があります。

さらに、高麗人参は血液をさらさらにする効果もあります。血液中には酸素を運んでいる赤血球と呼ばれる物質があります。この赤血球はとても大きい形をしているため、末梢の細い血管を通過する時には、柔軟に変形する仕組みになっています。

ところが、年をとったり、生活習慣に問題があったりすると、赤血球の変形能力が弱まって、血液がドロドロしはじめます。高麗人参は、赤血球の変形能力を高める効果もあるのです。
このように多方面から血液と血管を健康に保つ高麗人参の効果は、血行が滞りやすい現代人にはとても貴重なものです。


高麗人参
若さと健康を守る薬用植物の王様 高麗人参

posted by ハートマン at 11:18 | 高麗人参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人を対象とした研究(美白効果)

グルタチオンの美白効果は、人を対象とした研究(二重盲検)でも立証されています。

同研究では、20〜40代の女性30名の左上腕部に紫外線を照射したあと、対象者を2つのグル―プに分けて、一方にはグルタチオン50rを、もう一方には別の偽食品を毎日夕食後に摂取してもらい、4週間後の肌状態を比較しています。

その結果、メラニンおよび紅斑(肌の赤み)の回復率が、いずれもグルタチオン摂取群のほうが明らかに向上したと報告されています(図)。

また、この研究に参加した人たちに行なったアンケート調査でも、グルタチオンを摂取していたグループのほうが肌状態の改善を多く実感していました。4週目より8週目のほうが、両群の体感効果に差がでているのが注目されます。

ちなみに、医療現場では、肝斑(メラノサイトの機能亢進で起こる色素沈着)の治療にグルタチオンの薬が処方されています。


アミノ酸グルタチオン
健康と美しさをサポートするアミノ酸グルタチオン

グルタチオンは主に肝臓で作られるトリペプチド。体中で日夜、健康維持・老化防止のために働き続けている。


posted by ハートマン at 11:17 | グルタチオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水晶体の酸化を抑える

年をとると、目のレンズに相当する水晶体が濁ってくる場合がよくあります。老人性白内障と呼ばれる症状です。

白内障になると、物がぼやけたり、かすんで見えるようになります。最近は簡単な手術で改善されますが、あらかじめ予防できればそれに越したことはありません。

白内障が起こる背景には、活性酸素が関係しています。活性酸素によって水晶体の酸化が進むことにより、水晶体が濁ってくるわけですが、グルタチオンの抗酸化作用はここでも効果的に働きます。

グルタチオンを日常的に摂取していると、水晶体の酸化を最小限に抑える上で役立ちます。また、すでに白内障になっている場合でも、グルタチオンの効果が期待できます。 b  実際に医療現場では、白内障の治療に医薬品のグルタチオンが使用され、成果をみています。

アミノ酸グルタチオン
健康と美しさをサポートするアミノ酸グルタチオン

シワやたるみの予防に大いに役立つ。若々しい素肌を保つ上でグルタチオンは欠かせない成分。

posted by ハートマン at 11:17 | グルタチオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不足すると健康と美容に悪影響

以上の要因がグルタチオンの減少を促す背景には、活性酸素の存在もあります。偏食、ストレス、薬の服用、喫煙などは、どれも体内に活性酸素を大量に生み出す要因でもあるからです。

年齢を重ねるごとに、体は活性酸素によるダメージを受けやすくなります。体の中には、活性酸素を消去する仕組みが備わっていますが、加齢とともにその機能が低下していくためです。グルタチオンの減少はその代表です。
体の中で活性酸素が好き放題に暴れまわると、各組織の脂質(不飽和脂肪酸)がどんどん酸化されて、その働きが弱まっていきます。これにより、老化が進んでいくのです。

体内のグルタチオンの量が減ると、老化が加速するとともに、病気になりやすくなります。活性酸素はあらゆる病気の引き金でもあるからです。

女性の場合、グルタチオンの不足は美容面にも悪影響を及ぼします。

グルタチオンが不足しないように、日頃からグルタチオンを積極的に補給していると、2章以降で紹介するような健康効果、美容効果が得られます。

若さと美しさ、そして健康を保つために、グルタチオンをぜひお勧めします。


アミノ酸グルタチオン
健康と美しさをサポートするアミノ酸グルタチオン

グルタチオンは、肝機能の向上にもとても有効です
posted by ハートマン at 11:16 | グルタチオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グルタチオンの抗酸化力

グルタチオンは、活性酸素を捕まえて無毒化する働きがあります。これが「抗酸化作用」と呼ばれるものです。しかも一方で、グルタチオンは、すでに生成された過酸化脂質を取り去る働きもあります。

試験管内の研究では、活性酸素を消去する力は抗酸化ビタミンとして知られるビタミンCのほうが強いものの、ビタミンCとグルタチオンを一緒にとると相乗効果が得られることが明らかになっています(図)。

他方、東京農業大学の高野克己氏らの動物実験では、過酸化脂質を抑制する力について、グルタチオンとビタミンCで比較しています。

その結果、実験動物に何も与えない場合の過酸化脂質の量を100%とすると、ビタミンCの投与で83%に、そしてグルタチオンの投与では5%に抑えられたと報告されています。ここではグルタチオンのほうがはるかに強いパワーが確認されたわけです。


アミノ酸グルタチオン
健康と美しさをサポートするアミノ酸グルタチオン

posted by ハートマン at 11:16 | グルタチオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラセンタの安全性は

プラセンタの注射剤は、ヒトのプラセンタから抽出したエキスを原料とする生物製剤です。そのため、感染症を懸念される方もいらっしゃるかもしれませんが、肝炎やエイズなどのウイルス感染のないことが証明されている、国内の健康な女性から提供されるものを使用しているため、そうした心配はありません。

また、製造過程においてプラセンタ中の血液やホルモンはすべて除去されるので当然、注射剤には血液やホルモンはまったく含まれていません。さらに、後述する変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)は、プリオンという特殊なタンパク質によって起こるとされるため、酸による加水分解でプラセンタ中のタンパク質をアミノ酸に分解し、そして最終滅菌(一二一℃ 三〇分間)するなど、感染症に対する万全な安全対策が講じられています。ウマやブタのプラセンタが使われている内服剤やサプリメントなども、同様の安全対策がとられています。

現在、化粧品にはブタのプラセンタが使われていますが、以前はウシのものが使用されていたため、狂牛病の感染が取り沙汰されたことがあります。しかし、厚生労働省の通達により、二〇〇一年三月一二日以降は、ウシのプラセンタを原料として含めてはいけないことになったため、狂牛病の感染について安全上の問題はないといえます。

また、ヒト型の狂牛病である変異型クロイツフェルトヤコブ病の危険性について、患者さんから質問を受けることがあります。現在、プラセンタの注射を受けている方は、変異型クロイツフェルトヤコブ病の感染予防対策として、その検査方法が見つかるまで献血制限を受けることになっています。しかし、これまでにプラセンタによる感染の報告は一例もありませんし、プラセンタを提供する妊婦さんの海外渡航歴(狂牛病が流行った時期に危険地域に行っていないこと)もきちんと確認されており、その点でも安全なプラセンタのみが使用されています。

また日常生活において変異型クロイツフェルトヤコブ病にかかるリスク(国立がんセンターの津金昌一郎博士のデータによると、厳しく見積もっても一億人あたり〇・〇四人)から考えても、プラセンタの注射を受けて病気を治すメリットのほうがはるかに上回ると考えられます。


プラセンタ療法
更年期障害、疼痛、美容などに プラセンタ療法

posted by ハートマン at 11:15 | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シワ、たるみを修復する

肌のハリや弾力に関係しているのは真皮の部分です。コラーゲンやエラスチンなどの線維状のタンパク質が格子状の構造体を形づくり、そのすき間を水分を大量に含んだゼリー状のヒアルロン酸などが満たすことで、ハリや弾力が保たれています。

これらの物質をつくり出すのは線維芽細胞ですが、加齢による衰え、あるいは活性酸素による障害などによって、その産生量は減少してしまいます。これがシワ、たるみの原因の一つとなります。

また、活性酸素がコラーゲンを分解する酵素を活性化し、コラーゲンを減少させることも原因の一つにあげられます。さらに、活性酸素はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を酸化してしまいます。

こうした酸化が起こると、通常は新しいものに交換されるのですが、線維芽細胞が衰えてくると、この交換がスムーズに行なわれず、酸化した物質にねじれや伸び、切断などの変性が生じます。これも、シワやたるみの原因となります。

プラセンタは、活性酸素除去作用も備えているため、先の原因に働きかけることで、シワやたるみの修復を促します。

なお、プラセンタは皮膚からも浸透して、線維芽細胞を活性化します。そのため、化粧品の成分としても使われています。

このほかにも、乾燥肌や脂性肌、またニキビなどにも効果があります。プラセンタのもつ幅広い美容効果は、必ずや美肌づくりに貢献してくれることでしょう。


プラセンタ療法
更年期障害、疼痛、美容などに プラセンタ療法

posted by ハートマン at 11:14 | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マウスの放射線障害が回復

実験では、二〇匹単位のマウスにすべてが死亡してしまう線量であるX線(放射線の一種)を照射しました。

その結果、えさと水だけのマウスは二〇匹全部が一三〜一七日目に死亡したのに対し、照射後四〇分以内にプラセンタエキスを注射したマウスは一匹も死なず、すべてが二〇〇日以上生き延びました。

マウスの死因は、放射線に感受性の高い腸管細胞の遺伝子障害によるものであり、一方、プラセンタエキスを注射したマウスは二、三日は下痢を起こしましたが、そのあと回復しています。また、解剖例では一度生じた胃、小腸、肺などの出血がおさまっていました。この実験で使用したのは、ヒトのプラセンタエキスでした。

このように、プラセンタは放射線障害の回復にも有効であることが以前から証明されています。

健康を維持・回復するうえで、プラセンタがいかに有用であるか、その一つの証左ともいえるでしょう。


プラセンタ療法
更年期障害、疼痛、美容などに プラセンタ療法

posted by ハートマン at 11:14 | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国や韓国の文献にも登場

中国では、不老長寿の妙薬として、秦の始皇帝(紀元前二五九年〜紀元前二一〇年)や、それ以後の歴代の皇帝たちが用いたとされています。

また、唐時代の医学書『本草拾遺』(陳蔵器著、七三九年)には「人胞」「胞衣」の名で紹介されており、玄宗皇帝の寵愛を受けた楊貴妃(七一九年〜七五六年)も美容のために用いたと伝えられています。

さらに、明時代の薬学書『本草綱目』(李時珍著、一五九六年)には「紫河車」の名での記載が認められます。「河車大造丸」という高齢者や虚弱者向けの滋養強壮剤である、中国の医薬品には紫河車が含まれており、現在でも欠かすことのできない生薬の一つとなっています。

中国以外でも、韓国の医学書『東医宝鑑』(許浚著、一六一三年)に「紫河車」「紫河車丸」の名での記述が見られ、主として精神科領域での治療に使用されたようです。

一方、日本では中国から生薬として伝わり、江戸時代には、紫河車を配合した「混元丹」という滋養強壮の薬が加賀の三大秘薬の一つに数えられました。


プラセンタ療法
更年期障害、疼痛、美容などに プラセンタ療法

posted by ハートマン at 11:13 | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サミーと相性のいいサプリメントはある?

サミーは、単独で効果を発揮するだけでなく、別の物質の効果をパワーアップする働きがあるのも大きな特徴です。

サプリメントの中でとくにサミーと相性がいいのが、グルコサミンとコンドロイチンです。

グルコサミンは、変形性膝関節症にいいサプリメントとして話題になっています。しかし、本文で紹介したように、サミーの効果はそのグルコサミンの効果を上回ることが確認されています。

加えて、サミーとグルコサミンを一緒にとると、グルコサミンの効果が4倍も底上げされることは30ページで紹介したとおりです。

サミーとして効果的な目安量を日常的にしっかり摂取しながら、グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントを上手に併用するのもいいでしょう。


酵母型サミー
関節を守る天然素材の 酵母型「サミー」

posted by ハートマン at 11:12 | 酵母型サミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病を対象とした臨床試験

脳に対するサミーの効果はかなり以前から知られていました。

ヨーロッパでは、1970年代からサミーがうつ病の治療薬として使われていることは1章で述べました。

281名のうつの患者さんを2グループに分けて、一方には抗うつ薬イミプラミンを、もう一方にはサミーをそれぞれ6週間とってもらった研究があります(二重盲検法)。それによると、うつ症状の改善率は、イミプラミン投与群22%に対し、サミー投与群は66%に達しました。

また、抗うつ剤SSRIで治療中の重いうつ病の患者さんにサミーを摂取してもらった研究でも、50%が軽快し、44%は劇的な改善を示したと報告されています。


酵母型サミー
関節を守る天然素材の 酵母型「サミー」

posted by ハートマン at 11:11 | 酵母型サミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抗酸化作用が肝炎を抑制

サミー由来のグルタチオンは、肝炎の引き金となる「酸化」の抑制に役立ちます。酸化とは、活性酸素という有毒な酸素によって、物質が変性してしまう現象のことです。

肝臓は、体の中でも活性酸素が発生しやすい部位です。肝臓で有害物質の処理が行なわれるたびに、副産物として大量の活性酸素が生み出されます。

通常、健康な人の肝臓では、活性酸素とともに、それを瞬時に消去する抗酸化酵素もたくさん産生されているため、事なきを得ています。

しかし、何らかの原因で活性酸素が通常以上に発生したり、抗酸化酵素の産生が不十分だと、肝細胞が酸化されて大きなダメージを受けます。

ウィルス性肝炎を含め、急性・慢性の肝炎は、こうした活性酸素の暴走が直接の引き金といわれています。

サミー由来のグルタチオンは、活性酸素を排除する強力な抗酸化作用があります。グルタチオンは、活性酸素を消去するために体内で生み出される酵素(グルタチオンペルオキシダーゼ)の原料だからです。

体内で産生されるグルタチオンのうち、半分は硫黄移動経路から生産されます。つまり、サミー由来ということです。ですから、サミーを積極的に補給すると、グルタチオンの体内産生もぐんと増えます。

また、グルタチオンが生成される硫黄移動経路では、肝臓の活性化や抗酸化に役立つタウリンというアミノ酸も生成されます。

加えて、サミーはポリアミンの合成も促すことから、傷ついた肝細胞の回復にも役立つのです。


酵母型サミー
関節を守る天然素材の 酵母型「サミー」

posted by ハートマン at 11:11 | 酵母型サミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1950年代に発見

サミーの働きの重要性を考えると、なぜいままで注目されなかったのか不思議に思う人も多いでしょう。

最大の問題は安定性でした。

サミーはきわめて不安定な物質で、体の中から取り出すとすぐに変質してしまいます。

そのため、研究者の間では、体のしくみから考えて「おそらくこうした働きをもつ物質が存在するに違いない」と推測されてきたものの、なかなか特定できずにいたのです。

サミーが発見されたのは1950年代初頭のことです。イタリアの研究者がその存在を見つけ、構造が明らかにされました。70年代に、サミーの不安定さを解決する技術が開発されました。別の物質(トシル酸など)をくっつけて塩化させることで、安定した「サミー塩」を作り出すことに成功したのです。

以後、サミーは体の中で人知れず¢蜉躍する成分から、手に取ることのできる製品に大転換。医薬品成分として一躍注目を浴びることになりました。


酵母型サミー
関節を守る天然素材の 酵母型「サミー」

posted by ハートマン at 11:10 | 酵母型サミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

R(+)―α―リポ酸の毒性は?

毒性に関しては、次のような急性毒性試験の結果から安全であると考えられます。

約一週間の予備飼育を行ない、異常のないことを確認した五週齢のICR系マウスを、ポリカーボネート製ゲージに雄と雌に分けて各五匹ずつ入れ、室温二三℃±二℃、照明時間一二時間/日に設定した飼育室において、飼料および飲料水は自由に摂取させて飼育しました。

そして、約四時間絶食させた後に、試験群(雄雌各五匹)には包接R(+)―α―リポ酸(二〇〇〇r/s)を注射用水で懸濁した試験液を単回経口投与し(胃ゾンデを使って口から胃へ直接)、対照群(雄雌各五匹)には注射用水を投与しました。

これを一四日間行ない観察したところ、二〇〇〇r/sという極めて高濃度での投与にもかかわらず、試験群のすべてのマウスに異常および死亡例は認められないという結果が得られました。




包接R−α−リポ酸
抗糖化・糖尿病対策に 包接R−α−リポ酸

posted by ハートマン at 11:09 | α−リポ酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高齢者に多い骨折やひざの痛み

動脈硬化と同様に、高齢者に多く見受けられるのが骨粗鬆症や変形性関節症です。

骨粗鬆症は、加齢などにより骨量が減って骨が弱くなり、骨折が起きやすくなる病気です。高齢者の場合の骨折は寝たきりにつながりかねないため、たかが骨折と馬鹿にはできません。

骨粗鬆症は、男性より女性に多くみられます。女性は加齢に加え、閉経後に、骨形成を活発にするエストロゲンという女性ホルモンが急激に減少してしまうからです。さらに、もともと女性は男性よりも骨量が少ないことも関係しています。

変形性関節症は、関節の軟骨がすり減り、骨と骨とが直接こすれるために痛みが生じる病気です。原因としては、加齢や肥満などがあげられます。

この変形性関節症の中でも、最も多くみられるのは変形性膝関節症です。高齢者では、ひざの痛みを訴える人の割合が非常に高くなっています。

ひざの不調から、座る、立つ、歩くなどの日常生活の基本的な動作に支障が出るようになると、活動量が減って体力が衰え、ほかの病気を併発しやすくなってきます。



包接R−α−リポ酸
抗糖化・糖尿病対策に 包接R−α−リポ酸

posted by ハートマン at 11:09 | α−リポ酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌のハリ、弾力を生むのは真皮

体の老化の中でも顔のシワやたるみなどは自覚しやすい分、特に気になるものです。

皮膚はそれぞれ構造や役割が異なる三つの層―表皮、真皮、皮下組織―から成り立っています。これらのうち、シワやたるみなどに関係してくるのは真皮です。

この真皮には線維芽細胞と、それらの間を埋める細胞外マトリックス(基質)が存在します。細胞外マトリックスではタンパク質のコラーゲンが網の目のような構造を形成することで皮膚にハリを与え、また同じくタンパク質のエラスチンがその網の目の結び目部分を結合し支えることで、皮膚に弾力を生み出します。

そして、網の目の透き間部分を、ヒアルロン酸やプロテオグリカンといった保水性にすぐれた物質がたくさんの水分を含みながら満たすことで、皮膚にみずみずしさが生まれてきます。細胞外マトリックスを構成するこれらの物質は、線維芽細胞によりつくり出されます。




包接R−α−リポ酸
抗糖化・糖尿病対策に 包接R−α−リポ酸

posted by ハートマン at 11:08 | α−リポ酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

R(+)―α―リポ酸が糖代謝を促進

α―リポ酸は、ヨーロッパで糖尿病治療薬として、二〇年以上前から使用されています。

また、現在ではサプリメントとしても利用されているわけですが、前にも述べたように、これまで医薬品やサプリメントに使用されてきたα―リポ酸はラセミ体と呼ばれるもので、R(+)―α―リポ酸(R体)とS(−)―α―リポ酸(S体)を等量ずつ含む物質です。

このR体とS体は、次頁の図に示す通り、実は体内で相反する働きをしています。R体がピルビン酸からのアセチルCoA生成に関与するピルビン酸脱水素酵素(PDH)の活性を増大させることで、糖代謝を高めるのに対して、S体はその逆に働きます。

糖代謝の促進は、血糖値の上昇抑制や糖化反応の低減につながります。したがって、R体つまりR(+)―α―リポ酸は、従来のラセミ体に比べ糖尿病における血糖値のコントロール、さらにはさまざまな合併症の予防、治療においてより有効と考えられます。

ここで、R体とS体とでは逆の働きなら、ラセミ体は果たして効果があるのかという疑問が浮かびますが、結論からいえば、ラセミ体にも多少の効果はあると考えられます。それは、R体がS体よりも体に吸収されやすい性質のため、R体とS体を同量ずつ摂取しても、R体の働きのほうが勝ることになるからです。



包接R−α−リポ酸
抗糖化・糖尿病対策に 包接R−α−リポ酸

posted by ハートマン at 11:07 | α−リポ酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする